バンダイホーム > 会社情報 > 歴史 1980年代

歴史 1980年代

80年5月
代表取締役社長に山科誠、会長に山科直治就任。
 7月
プラスチックモデルのガンダムを発売し、大ブームを呼ぶ。
プラモデル「機動戦士ガンダム」(c)創通エージェンシー・サンライズ
  
(株)ジャパントンカを(株)マミートへ社名変更。
 11月
(株)セレンテ設立。
81年1月
欧州の販売拠点としてBANDAI FRANCE S.A.(現 BANDAI S.A.S.)設立。
 3月
玩具菓子分野に進出。
 12月
欧州第2の拠点としてBANDAI ITALIA S.R.L.設立。
82年5月
オランダにBANDAI B.V.を設立。
 6月
イギリスにBANDAI U.K.LTD.を設立。
 10月
オーストラリアにBANDAI AUSTRALIA LTD.を設立。
  
アニメーション、映画の企画制作部門としてフロンティア事業部発足。
 11月
(株)エモーション設立。日本ビデオ協会公認第1号のビデオショップ「エモーション」オープン。
83年3月
ポピー、バンダイ模型、バンダイ工業、バンダイオーバーシーズ、マミート、セレンテ、バンダイ出版の7社を吸収合併。資本金7億1139万円に。
  
CIを導入。新生バンダイの理念を明確化し、「夢・クリエイション」を掲げる。
 4月
カプセル玩具「キン肉マン」を発売、大ヒット。
 8月
アパレル事業部を新設。
  
(株)エイ・イー企画(現バンダイビジュアル)設立。
 12月
業界初のオリジナル・アニメーションビデオ「ダロス」発売。
84年4月
オリジナルビデオソフトの音楽と映像から作り出された「エアーコンディション・シリーズ」発売。
 10月
プラスチックモデルのガンダムシリーズが発売以来1億個を突破。
 12月
香港に福萬(香港)有限公司を設立。
  
「おかしのファンタジーハウス」発売。
85年5月
中国福建省に日中合弁会社・中国福萬(福建)玩具有限公司を設立。中国市場に進出。
 11月
ファミコンソフト第1弾「キン肉マン マッスルタッグマッチ」発売。100万本の大ヒット。
ファミコンソフト第1弾「キン肉マン マッスルタッグマッチ」(c)ゆでたまご/集英社・NTV・東映アニメーション
  
雑誌「B-CLUB」創刊。
  
静岡工場にCAD導入。
86年1月
東京証券市場第2部上場。資本金10,796百万円
 8月
(株)マーバ設立
  
「猫ニャンぼー」大ヒット。猫ニャンぼー
 9月
「子象物語」の制作協力で映画分野に進出。
87年1月
南青山イベント施設「246CLUB」オープン。
 3月
タイに合弁会社BANDAI AND KC.CO.,LTD.(現 BANDAI INDUSTRIAL CO.,LTD.)設立。
  
オリジナル長編アニメ「オネアミスの翼」を公開。
  
「クイッカール」を発売。“生活実用遊具”をコンセプトに生活実用雑貨分野に進出。
 5月
山科直治会長、相談役に就任。
  
ウォルトディズニー社と契約。ビデオ作品を販売。
  
「聖闘士星矢」ヒット。
聖闘士星矢 セイントクロスシリーズ(c)車田正美/集英社・テレビ朝日・東映アニメーション
88年4月
メディア事業部新設。映像事業への本格的な進出。
 7月
カードダス販売開始。
 8月
東京証券市場第1部に上場。
  
ミュージカル「森は生きている/12カ月のニーナ」に協賛。
89年1月
新本社ビル(現在のバンダイ第2ビル)完成。
 6月
アポロン音楽工業(株)と業務提携。オーディオビジュアル関連事業を推進。
 7月
ウルトラマンショップ「SHOT M78」開業。
 10月
音楽分野に進出。(『エモーション』レーベル発足)

前のページへ戻る

ページの上部へ