バンダイホーム > 会社情報 > 社会貢献

社会貢献

社会貢献への取り組み

バンダイは、「商品やサービスを通じて夢や感動を提供し、それによって社会に貢献すること」を基本方針に、様々な形での社会貢献活動にも意欲的に取り組んでいます。

バンダイこどもアンケート


バンダイこどもアンケート
http://www.bandai.co.jp/kodomo/

バンダイは、1995年より、「こどもアンケート」という調査を毎月実施しています。子どもたちの生活にかかわる生の声を幅広い視点から把握し、現代の子どもたちの実態をバンダイ流に解き明かしていこうと考えています。調査結果は、報道機関や自社ホームページを通じて発表し、研究機関や各種媒体で活用いただいています。

おもちゃのまちバンダイミュージアム

栃木県・おもちゃのまちにある「おもちゃのまちバンダイミュージアム」は、「楽しいときを創る」きっかけの提供を目的に作られたおもちゃの博物館です。バンダイが所有する日本のなつかしいおもちゃや、世界のアンティークなおもちゃ、エジソンの貴重な発明品など約3万5千点のコレクションの中から厳選し、一般に公開しています。

  • 「キャラクターロボット玩具発祥の地」の碑
  • 機動戦士ガンダムの原寸大胸像(エントランスホール)

「バンダイ本社ビル」「バンダイホビーセンター」の見学受け入れ

ホビーセンターの見学ツアーの様子

バンダイ本社ビルは、小・中学生を対象にした会社見学の受け入れを実施し、バンダイの事業内容の紹介などを行っています。バンダイホビーセンターでは、一般のお客様や学校を対象とする見学ツアーを開催し、プラモデルができるまでの工程や、同センターの環境への取組みなどを幅広く紹介することで、モノ創りに対する情熱を肌で感じて頂いています。

おもちゃ図書館活動支援

おもちゃ図書館

「おもちゃ図書館」とは、バンダイの創業者である山科直治氏が私財を投じて創設した一般財団法人日本おもちゃ図書館財団が支援しているボランティア活動で、現在全国500ヶ所以上で開館しています。心身に障がいを持つ子どもたちのために、自由に玩具に触れ楽しい時間を過ごす場を提供することで、広がりある交流を可能とし、社会の一員としてひらかれていくことを目的としています。バンダイでは、全国のおもちゃ図書館が玩具を購入するための資金調達、ボランティア研修会の開催や調査、研究活動を財団を通じて支援を行っています。

ポピンズナーサリースクールでの育児支援

ポピンズナーサリースクール駒形

働く親の育児支援を目的に、本社福利厚生棟に東京都認証保育所「ポピンズナーサリースクール駒形」を誘致しています。この施設では社員だけでなく、地域住民の皆様にもご利用いただいています。

前のページへ戻る

ページの上部へ