バンダイファーム

活動レポート

冬の収穫祭

2018年1月20日(土)

2018年1月20日、冬の収穫祭を行いました。
この日は雲が広がる寒い日。でも! この寒さが野菜をおいしくしてくれるんです!
冷たい北風にちょっぴり感謝して、今年の冬も自然の恵みをたっぷり、ずっしり収穫しました。

2017年度 冬の収穫祭
寒さに負けず、冬野菜の収穫がんばります! 畑で動き回ったら、ポカポカになりました。

まずは、この日に収穫する冬の野菜について、みんなで勉強しました。野菜の見分け方や同じ種類の野菜でも品種によっていろんな特ちょうがあること、そして、野菜を元気に育てるために大切な肥料、コンポストについても学びました。

野菜や畑のお話を聞いていると、早く畑に出てみたくてたまりません!

2017年度 冬の収穫祭
野菜クイズで楽しく勉強しました。

寒さを乗り越え、おいしさと栄養をたくわえた野菜たちが、畑で待っていました!
元気なくきブロッコリー、たくましく育ったハクサイ、ダイコン、ニンジン、カブなどの根菜類も、土の中でパワフルに成長していました。

2017年度 冬の収穫祭
くきブロッコリーの収穫。食べられるところはどこかな?
2017年度 冬の収穫祭
やさしくていねいに収穫します。
2017年度 冬の収穫祭
土の中でしっかり育ったニンジン。おいしそう!
2017年度 冬の収穫祭
大きくてりっぱなニンジンが採れました!
2017年度 冬の収穫祭
ハクサイの収穫は力仕事。親子で協力します。
2017年度 冬の収穫祭
ずっしりでっかいハクサイ!
2017年度 冬の収穫祭
ダイコンの収穫。土にしっかり根づいています。
2017年度 冬の収穫祭
ダイコン、採れたー!
2017年度 冬の収穫祭
甘さとおいしさいっぱいの冬野菜たち。

収穫した後に、コンポストを見学しました。
コンポストとは、堆肥(たいひ)とも呼ばれる肥料です。野菜のクズや落ち葉などを、微生物に分解させて作ります。
そのまま捨てたらゴミになってしまうものを、自然の力で発酵(はっこう)させて、栄養たっぷりの肥料に変身させるんです! 発酵(はっこう)の進み具合にあわせて、混ぜ合わせたり、米ぬかを加えたり、ていねいに手をかけて作っていきます。

2017年度 冬の収穫祭
コンポストの作り方など、くわしいお話を聞きました。
2017年度 冬の収穫祭
野菜クズを捨てずに利用します。
2017年度 冬の収穫祭
微生物が活動しやすいように、米ぬかを加えます。
2017年度 冬の収穫祭
さわってみると、発酵中(はっこうちゅう)はほんのりとあたたかい!

収穫が終わった後、おもちつきをしました!
炊きたてアツアツのもち米ご飯をきねでついて、ホカホカ、モチモチのおもちができあがり! あんこやきなこ、ダイコンおろしをつけて、特上のごちそうに!
豚汁や野菜のチーズフォンデュなど、この日に収穫した野菜もたくさんつかって、冬ならではおいしい昼ごはんを楽しみました!

2017年度 冬の収穫祭
力を合わせてもちつき。
2017年度 冬の収穫祭
畑でとれたニンジンを混ぜて、ニンジンもちもつきました。
2017年度 冬の収穫祭
あんこ、きなこ、もちもちおもちをいただきます!
2017年度 冬の収穫祭
つきたておもちのおいしさに夢中です!
2017年度 冬の収穫祭
おとなも子どもも、どんどん食べちゃう!

春が来るのは待ち遠しいけれど、ピリッと寒い冬がないとおいしい冬野菜はできません。自然の季節の移り変わりに感謝して、楽しい収穫祭になりました。