2018年8月22日、東京都千代田区の科学技術館で、企業・団体のいろんなワークショップが集まって学びを楽しむイベント『学びのフェス 2018夏』が開催されました。

▲ユニバーサルデザイン考え方や、バンダイのおもちゃのUDの取り組みを紹介しました。

バンダイのブースでは、ユニバーサルデザインについて学べるワークショップのプログラム『ユニバーサルデザインを学ぼう!〜おもちゃのパッケージをデザインしよう〜』を開催しました。

▲ユニバーサルデザインの基本を学んで、クイズにチャレンジ。

おもちゃに取り入れられているユニバーサルデザインを紹介しながら、ユニバーサルデザインの基本的な考え方や、身体の大きさや言語、文化などがことなるさまざまな人々の立場や環境を思いやることの大切さを学んでもらいました。

 

ワークショップの後半では、おもちゃのパッケージデザインに挑戦!!

だれにでも分かりやすく、楽しくなるように工夫しながら、『UD(ユニバーサルデザイン)トランプ』のパッケージをデザインします。

イメージをふくらませて絵を描いたり、切り抜いたキャラのイラストを貼り付けたり、『UD(ユニバーサルデザイン)トランプ』の内容が伝わるようなキャッチコピーを考えてパッケージを作ります。


最高気温35℃を超える猛暑の中、会場には多くのみなさんが集まってくれて、この日に6回行われたバンダイのワークショップはいずれも満席となりました。

参加してくれたみなさん、ありがとうございました 

ワークショップをきっかけに、ユニバーサルデザインの輪が、大きく広がっていってくれたらうれしいです

もっと見る