けろすけ
けろすけ

おもちゃのユニバーサルデザイン

どんな工夫があるか見てみよう〈事例紹介〉

データカードダスマシン

発売年月:2012年10月

データカードダスマシン

お子様から大人まで幅広い人気のデータカードダス。
このカードについているバーコードを読みこむことでゲームがプレイできるカードダスマシンでは、年齢(ねんれい)や体の大きさにかかわらず、すぐに楽しく遊んでもらえるように工夫しています。

情報を見やすく、わかりやすく

データカードダスには、たくさんの種類のゲームがあります。どのゲームが遊べるデータカードダスマシンか一目でわかるように、ゲームのタイトルや説明を表示するおおよその場所を統一しました。

  • このマシンから払い出されるカードの弾数(だんすう)を表示しています。
  • このゲームのバージョンをご案内しています。
  • 注意表記や対象年齢(ねんれい)、料金など大切なお知らせをご案内しています。
情報を見やすく、わかりやすく
ちがうゲームでも、タイトルや説明を表示する位置は、ほとんど同じになっています。

※データカードダスマシンの形によって多少のちがいがあります。

見ただけでわかる

データカードダスマシンを見ただけで、遊びに必要な専用のIC(アイシー)カードをセットする場所や向きがわかるようなデザインにしました。

見ただけでわかる

取り出しやすく

うすい専用IC(アイシー)カードを取り出しやすくするための工夫をしました。カードをセットする場所をななめにかたむけて、手前にはへこみをつけました。
遊んでいる間は、専用IC(アイシー)カードがズレないようにしっかりと固定でき、取り出すときは、かんたんに取り出せるようになりました。

取り出しやすく

©SUNRIZE / BANDAI,DENTSU,TV TOKYO
©BANDAI 2013