バンダイ こどもひろば

バンダイの取り組み −おもちゃにできること−

安全への取り組み

いちばん大切なのは安全であること。

バンダイが商品を作るときに、もっとも重要と考えているのは「安全であること」です。
おもちゃ業界全体で決めている品質・安全基準を基本に、さらにきびしいバンダイ独自の基準を定めています。

●落下検査

こわれやすいおもちゃは安全とは言えません。
実際に何回も落下させて、こわれないかどうか確かめます。

落下検査

●おもちゃ安全ガイド

より安全に、安心しておもちゃで遊んでもらえるように、注意点やアドバイスをまとめた冊子やウェブページを用意しています。

首にかけるひもの危険防止検査

●子どもモニター調査

手足の大きさなどを、定期的に測定して、安全なおもちゃ作りの基本データにしています。

子どもモニター調査

●素材の安全性

精度の高い最新の検査機器を使って、おもちゃに使われている素材の成分を微量なものまでくわしく調べています。

素材の安全性検査

STマークは、安全のしるし

STマーク

バンダイのおもちゃには、日本玩具協会(がんぐきょうかい)が決めた「おもちゃ安全基準」に合格したことを示す『STマーク』が付いています。

製品安全対策ゴールド企業認定

STマーク

バンダイは、経済産業省主催「平成27年度 第9回 製品安全対策優良企業表彰」において、最上位賞である「経済産業大臣賞」を受賞しました。平成20年度、24年度に続く3度目の受賞となり、製品安全対策ゴールド企業に認定されました。