プレスリリース | 株式会社バンダイ

バンダイホーム > お知らせ > プレスリリース一覧 > プレスリリース詳細

プレスリリース詳細

2001/02/15
(株) バ ン ダ イ
本社:台東区駒形2−5−4
社長:高須武男、資本金236億円
「ビッグスケール ポピニカ魂 BPX−01宇宙戦艦ヤマト」
2001年4月下旬にいよいよ発売
   

 (株)バンダイ・キャラクタートイ事業部は、SFアニメの名作「宇宙戦艦ヤマト」の新商品「ビッグスケールモデル ポピニカ魂 BPX−01宇宙戦艦ヤマト」(19,800円・税別)を4月下旬から発売します。販売ルートは全国の玩具店、百貨店・量販店の玩具売場です。

■「ビッグスケール ポピニカ魂 BPX―01 宇宙戦艦ヤマト」の特徴
*細部までこだわったリアルな造形のディスプレイモデル
 全長約425mmのビッグスケールで、外観だけでなく、内部機構も鑑賞できるよう前部・後部およびエンジンハッチの開閉が可能です。内部はダイキャストを多用しており、フライホイールの回転や、波動砲発射時の投入ボルトの動きなどの再現も可能です。また艦内に、付属の彩色済み艦載機を格納することもできます。その他にも、主翼の開閉や煙突ミサイル射出アクション、主砲の可動など、こだわりの作り込みが魅力となっています。
*7大サウンド
 右舷にあるサウンドボタンで、波動砲発射音、主砲発射音、パルスレーザー砲音、非常警報音、エンジン点火音、波動エンジン始動音、出航警報音の7種類の音を楽しむことができます。
*LED発光
 LEDにより波動砲、艦長室、第1・第2艦橋、後部噴射口、格納庫が発光します。
*原作者松本零士氏による完全監修

■「宇宙戦艦ヤマト」とは
 「宇宙戦艦ヤマト」は松本零士氏原作のSFアニメで、最初のテレビ放映は1974年〜1975年でした。単なる勧善懲悪ではなく、様々な人間ドラマが織り込まれた壮大なストーリーが反響をよび、その後再放送の度に人気が加速し、1977年には映画化されましたが、映画を見るための徹夜組の行列ができるなど、大人をも巻き込んだ一大ブームとなりました。

■テレビゲームも20代〜30代に好評
 1998年にバンダイではPS用ゲームソフト「宇宙戦艦ヤマト 遥かなる星イスカンダル」を発売、その後のシリーズ(「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」「宇宙戦艦ヤマト 英雄の軌跡 永遠のジュラ編」)合計で45万本を販売しています。
 また、ワンダースワン・ワンダースワンカラー用ソフト「宇宙戦艦ヤマト」(2月8日発売4,500円・税別)も好評発売中です。


<商 品 概 要>
商 品 名「ビッグスケール ポピニカ魂 BPX―01 宇宙戦艦ヤマト」
発 売 日4月下旬
希望小売価格19,800円(税別)
販売ルート全国の玩具店、百貨店・量販店の玩具売場など
サ イ ズ全長約425ミリ
使用電池単4乾電池×2本(別売)
電池耐久時間連続約40分
付属品コスモクリーナーD×1、艦載機×5、ロケットアンカー×1
ディスプレイスタンド×1
商品特徴全長425mmのビッグスケールモデル。
各種ハッチオープン。内部はダイキャストを多用し、内部構造を再現。
各種アクションが可能
(第1・第2主砲及び第1副砲が連動して可動。突入ボルト可動。エンジン部のフライホイール回転。主翼の開閉、煙突ミサイル射出アクション)
7種のリアルサウンド
(波動砲発射音、主砲発射音、パルスレーザー砲音、非常警報音、エンジン点火音、波動エンジン始動音、出航警報音)。
LED発光(波動砲、艦長室、第1・第2艦橋、後部噴射口、格納庫)



宇宙戦艦ヤマトホームページ http://yamato.channel.or.jp/


<『ビッグスケール ポピニカ魂 BPX−01 宇宙戦艦ヤマト』>





<後部ハッチオープン時>
(c)松本零士/東北新社・バンダイビジュアル



前のページへ戻る

ページの上部へ