プレスリリース | 株式会社バンダイ

バンダイホーム > お知らせ > プレスリリース一覧 > プレスリリース詳細

プレスリリース詳細

2004/05/24
株 式 会 社  バ ン ダ イ
本社:東京都台東区駒形1−4−8
社長:高須 武男、資本金242億円
カードダス「金色のガッシュベル!! THE CARD BATTLE」

1年間で累計販売数3億枚を突破

「魔本」を使った新しいカードバトル形式が人気に
   

 (株)バンダイが2003年5月に第1弾を発売した、カードダス「金色のガッシュベル!! THE CARD BATTLE」シリーズが5月14日発売の第6弾までで累計販売数3億枚を突破しました。これはカード人気が定着した現在でも際立った販売数で、バンダイのカード史上でも有数の人気商品となっています。
 「金色のガッシュベル!! THE CARD BATTLE」は、「金色のガッシュベル!!」(※)に登場する魔物(魔界の子ども)や登場人物のキャラクターカード、それぞれの呪文のカードを使ってバトルするカードゲームで、小学生男子を中心に大変な人気となっています。
 2003年11月に開催された「金色のガッシュベル!!」のイベント『電撃フェスタ2003』(同時開催:カード公式大会「第1回魔界王決定戦」)では1日で約1万5千人が来場、また、2004年3月に開催された『電撃フェスタ2004 春の陣』(同時開催:カード公式大会「第2回魔界王決定戦」)では1日で2万人を超える来場者数となり、大成功を収めました。
 8月にはシリーズ第7弾「金色のガッシュベル!! THE CARD BATTLE LEVEL:7」を、それ以降も3ヶ月毎に新商品を発売していく予定です。また、8月15日に幕張メッセで行われる『電撃フェスタ2004』内でカード公式大会「第3回魔界王決定戦」を開催し、シリーズを盛り上げていきます。



© 雷句誠/小学館・フジテレビ・東映アニメーション



◆「金色のガッシュベル!! THE CARD BATTLE」人気の理由は?
 「金色のガッシュベル!!」は、主人公ガッシュベルと仲間達が、戦いを通じて魔物や人間と友情・絆を深めていくストーリーや、個性的なキャラクターたちが魅力となっています。「金色のガッシュベル!! THE CARD BATTLE」では、物語の魅力を活かすため、ストーリー上で戦いの鍵となるアイテム「魔本」の要素を、カードゲームの「魔本ファイル」という商品仕様に取り入れています。この「魔本ファイル」を持つことで、物語のキャラクターになりきれることと、本を持って攻撃や防御呪文を唱えることでバトルをするという、これまでのカードゲームには無かった新しいバトルスタイルであるということが、ファンを魅了している要因だと考えられます。「魔本ファイル」は5月14日発売の新商品「金色のガッシュベル!! THE CARD BATTLE LEVEL:0 スターターファイルセット」(1,050円、税込)を含め、キャラクター別のカラーで計10種類が発売されています。

※金色のガッシュベル!!
小学館「週刊少年サンデー」で連載中、フジテレビ系列日曜朝9時から放映中の人気アニメーション。2004年8月に全国東映系で映画化が決定しています。謎の「赤い本」を持って呪文を唱えると電撃を出す、そんな不思議な子供「ガッシュベル」は千年に一度行われる「魔界の王」を決める戦いに選ばれた100人の魔界の子どもの一人。生き残りをかけて次々と襲いかかってくる魔界の子どもたちの風貌は千差万別で扱う呪文もさまざま。ガッシュベルは、パートナーである中学生・高嶺(たかみね)清麿(きよまろ)と共に「魔界の王」を目指して戦います。バンダイからは、カードダスに加え、玩具や玩具菓子、カプセルトイなど様々なジャンルの商品が発売中です。

「カードダス」とは?
地域気象観測システム「アメダス」から由来。「アメダス」が気象情報の発信源であるようにキャラクター情報の発信源として命名された、自動販売機で販売するキャラクター情報満載のコレクションカード。「カードダス」は1988年の発売開始以来、SDガンダム、ドラゴンボール、セーラームーン、ポケットモンスター、遊戯王、デジタルモンスター、金色のガッシュベルなど大ヒット商品を生み、累計75億枚を販売しており、子供たちの間で「カードと言えばカードダス」と言われる程、コレクションホビーとしての地位を確立しています。カードゲームが主流になった現在、自動販売機での販売ルート以外に「カードダスEX」シリーズとして玩具店等の店頭販売も拡大しています。


<商品概要>
金色のガッシュベル!! THE CARD BATTLE
  LEVEL:6 【紫紺の千年闘争】
■メーカー希望小売価格カードダス自販機 4枚1セット100円(税5%含む)
拡張パック 1パック6枚入り158円(税5%含む)
■販売ルート全国のカードダス用自動販売機、全国の玩具店、百貨店・量販店の玩具売場
■発売日2004年5月14日
■拡張パック商品サイズ130mm(H)×70mm(W)×2.7mm(D)
■カード種類全61種
[ノーマル36種、レアカード18種(箔押し)、スーパーレアカード4種(ホロ)、ウルトラレアカード2種(ホロ&箔押し)、シークレットカード1種(ホロ&レインボー箔押し)]



金色のガッシュベル!! THE CARD BATTLE
LEVEL:0 スターターファイルセット
■メーカー希望小売価格1050円(税5%含む)
■販売ルート全国の玩具店、百貨店・量販店の玩具売場
■発売日2004年5月14日
■商品サイズ148mm(H)×140mm(W)×29mm(D)
■商品内容 [1箱内容]カード32枚(うち2枚はキラカード)
[種類詳細]魔本ファイル、プレイシート、コイン1枚、カウンターチップ、ルールブック1冊入り
■カード種類全22種




© 雷句誠/小学館・フジテレビ・東映アニメーション



<開発担当者プロフィール>
田川大志(たがわふとし)

1998年4月入社。カード事業部での開発歴は4年目。「金色のガッシュベル!! THE CARD BATTLE」の開発により、社内の2003年度下期個人表彰における最優秀個人賞、2003年度団体表彰の部ではシルバーチャレンジ賞を受賞した。また、カードダスの各イベントでは自ら司会をつとめ、「金色のガッシュベル!!」の主人公・高嶺(たかみね)清麿(きよまろ)にちなんだ「キレ麿」というキャラクターで子どもたちに親しまれている。学生時代はお笑い芸人を目指していたこともあり、社内での各種イベントでも活躍、社内演芸大賞も受賞している。


バンダイ ホームページURL:http://www.bandai.co.jp/
カードダスドットコム ホームページURL:http://www.carddas.com/



前のページへ戻る

ページの上部へ