プレスリリース | 株式会社バンダイ

バンダイホーム > お知らせ > プレスリリース一覧 > プレスリリース詳細

プレスリリース詳細

2005/08/19
株 式 会 社  バ ン ダ イ
本社:東京都台東区駒形1−4−8
社長:上野 和典、資本金:244億円
20〜30代をターゲットにした深夜番組

ハイパー・ミッドナイトアクションドラマ『GARO』今秋登場

バンダイ、東北新社、テレビ東京などが製作参加、商品展開も実施
   

 (株)バンダイ〔本社:東京都台東区 社長:上野和典〕は、今10月7日より放送開始の20〜30代をターゲットにした特撮ドラマ番組『GARO(仮称)』の製作に参加、あわせてフィギュアやゲームソフトなどの商品展開を行います。

 バンダイは、TVやコミックに登場するキャラクターの世界観を活かした商品展開を番組と連動して行う「キャラクターマーチャンダイジング」をビジネスモデルとしています。これまでは子供向けのキャラクターや、長期間に渡り展開することでファン層が2〜3世代に拡大したキャラクターが主軸となっていましたが、最近では、20〜30代をメインターゲットとしたフィギュアやゲームソフト、コレクションアイテムなどの商品人気も高く、キャラクターラインナップの柱の1つとして確立されています。今回の『GARO』製作はこのような背景を受けたもので、かつて特撮番組やアニメ番組で育った層をメインターゲットに、クオリティの高い番組・商品展開を行って生きます。

 『GARO』は、原作・総監督に雨宮慶太氏を迎え、テレビシリーズでは類を見ないVFX(VISUAL SPECIAL EFFECT)や、ワイヤーアクションなどハリウッドスタントの最新技術と日本の殺陣が融合した本格的なアクションを随所に配し、独特の世界観をつくりあげています。


『GARO(仮称)』
今10月7日(金)より テレビ東京・深夜1時30分〜 放送予定
(1話30分完結・全25話)
原作・総監督雨宮慶太(「ゼイラム」シリーズ)
企画・製作Project GARO
製作委員会参加企業バンダイ、東北新社、テレビ東京 ほか

ストーリー
太古の昔より人間を喰らい続けてきた魔獣「ホラー」。その毒牙から密かに人々を護り続けてきた者たちがいた。魔獣を倒す力を一子相伝で伝承してきた「魔戒騎士(まかいきし)」である。古びた洋館に住まう謎めいた若者・冴島鋼牙(さえじまこうが)こそ「魔戒騎士」最高位の証、金色の鎧を受けついだ「黄金騎士ガロ」なのだ。邪悪な魔獣を狩る黄金騎士の聖なる剣が大都会の闇を切り裂く・・・。

キャスト冴島鋼牙:小西大樹  御月カオル:肘井美佳 他

なお、8月20〜21日に幕張メッセで開催されるイベント「C3×HOBBY キャラホビ2005」のバンダイブースにて、番組制作にも使用されている魔戒騎士ガロの黄金の鎧などを展示する予定です。




※なお、番組写真をご使用の際は、以下のクレジット表記をお願いいたします。
©2005 Project GARO


前のページへ戻る

ページの上部へ