プレスリリース | 株式会社バンダイ

バンダイホーム > お知らせ > プレスリリース一覧 > プレスリリース詳細

プレスリリース詳細

2006/01/13
株式会社バンダイ
本社:東京都台東区駒形1-4-8
社長:上野和典 資本金:246億円
エポック社に対し特許侵害訴訟を提起
   

 当社は、株式会社エポック社(本社:東京都台東区駒形一丁目12番3号)に対し、株式会社エポック社のカプセルベンダーマシン「ECCOH500(EPOCH CAPSULE COLLECTION HOUSE 500)」及びカードベンダーマシン「カードガチャ自動販売機筐体」(以下、「エポック社ベンダーマシン」)が当社の保有する特許権(特許第3267512号、同第3534741号、同第3641787号、同第2540609号及び同第3726099号)を侵害するものとして、その製造、販売及び使用の差止並びに損害賠償を求め、本日、東京地方裁判所に提訴いたしました。


 当社は、カプセルベンダービジネスにつきましては、1977年の参入以来「ガシャポン®」等の名称で皆さまに親しまれ、2005年3月までに累計約22億個のカプセルを出荷し、市場全体における当社のシェアは約65%(バンダイ調査)に上ります。
 一方、カードベンダービジネスにつきましては、1988年に「カードダス®」カード自動販売機を業界史上初めて市場に投入して以来、2005年3月までに累計約80億枚のカードを出荷して参りました。
 これらの市場は、当社からの革新的なベンダーマシンの開発・投入によって形成・拡大されたものと自負しており、上記各特許は、これらのカプセル及びカードのベンダーマシンに関するものです。


 以上のような経緯から、当社としては止む無く、今回の訴訟提起に踏み切った次第です。当社は、知的財産権を極めて重要な経営資源の一つと位置付けており、当社の知的財産権が侵害されたと判断した場合には、今後も毅然とした態度で臨んでいく所存です。


※ 特許第2540609号及び同第3726099号は大和精工株式会社との共有権利です。


前のページへ戻る

ページの上部へ