プレスリリース | 株式会社バンダイ

バンダイホーム > お知らせ > プレスリリース一覧 > プレスリリース詳細

プレスリリース詳細

2007/10/10
株 式 会 社 バ ン ダ イ
本社:東京都台東区駒形1−4−8
社長:上野和典 資本金:246億円
海外でも人気のアニメーション「攻殻機動隊」シリーズに登場する
攻殻機動隊S.A.C.2ndGIG PC連動超合金
「電脳超合金タチコマ」2008年2月下旬発売
〜ご自宅のパソコンと連動して動き・光り・鳴る全く新しい超合金登場!!〜
   

 (株)バンダイは、劇場アニメーション・テレビアニメーション、ゲーム等で幅広く展開されている「攻殻機動隊」シリーズに登場するロボット「タチコマ」の超合金、攻殻機動隊S.A.C.2ndGIG PC連動超合金「電脳超合金タチコマ」(13,440円/税込)を2008年2月下旬から発売します。
 この商品は「攻殻機動隊」シリーズの作品を通じた世界観である電脳世界をイメージし、ご自宅のパソコンと連動して遊ぶことができる全く新しい超合金です。
 一般販売に先駆け、10月11日(木)〜14日(日)まで千葉県・幕張メッセで行われる「第47回全日本模型ホビーショー」のバンダイブースにて初展示します。
 主なターゲットは攻殻機動隊ファンで、販売ルートは全国の玩具店、ホビー店、百貨店の玩具売場です。販売目標は2008年3月までに2万個です。





攻殻機動隊S.A.C.2ndGIG PC連動超合金「電脳超合金タチコマ」
©士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊製作委員会




■「攻殻機動隊」とは
 「攻殻機動隊」は、士郎正宗氏原作で1995年に劇場アニメーション第1作が公開されました。アメリカでも公開され、セルビデオではビルボード誌のビデオチャートの週間売り上げ1位を記録し話題となりました。海外を含めた根強い人気を経て2002年、2004年、2006年と日本国内でテレビアニメーション化されました。バンダイビジュアル(株)から発売中のDVDシリーズは累計出荷数が155万枚を突破しています。ゲームや小説と幅広く展開をしている世界的に人気のアニメーションシリーズです。



■PC連動超合金「電脳超合金タチコマ」とは
 PC連動超合金「電脳超合金タチコマ」は「攻殻機動隊」シリーズに登場するロボット「タチコマ」の超合金がパソコンと連動する全く新しい超合金シリーズです。
 付属のCD-ROMをパソコンにインストールして、「電脳超合金タチコマ」をUSBケーブルで接続すればパソコン画面に「タチコマエージェント」(タチコマ操作画面)が現れ、「超合金タチコマ」と連動します。
 時計やカレンダーと連動して、365日24時間「タチコマ」が様々なアクションやイベントを展開します。「ボイスメモ」機能を搭載しているので、指定した言葉を指定時刻に話させることもできます。当然、声はオリジナルキャストの玉川紗己子さんを起用しています。また、スクリーンセーバーやアイコンが変化し「攻殻機動隊」の世界観を楽しむこともできます。



【商品仕様】



 USB接続により、PC画面が「攻殻機動隊」仕様になり、「タチコマエージェント」(タチコマ操作画面)のウインドウが開きます。この画面を操作することで、ボイスメッセージや、ミニゲームといった「タチコマ」とのコミュニケーションが楽しめます。




ボイスメッセージ

ミニゲーム(旗揚げゲーム)
©士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊製作委員会





 このほかにもタチコマの様々なリアクションが楽しめます、
 また、テレビアニメーションシリーズに登場した、公安9課のメンバーも登場します。



■「第47回全日本模型ホビーショー」に初出展
 「電脳超合金タチコマ」は2007年10月11日(木)〜14日(日)まで千葉県・幕張メッセで実施される「第47回全日本模型ホビーショー」のバンダイブースにて初お披露目します。
 是非、バンダイブースへお立ち寄りください。




<商 品 概 要>
■商 品 名「電脳超合金タチコマ」
■発 売 日2008年2月下旬発売予定
■価   格13,440円(税込)
■商品サイズ1/24スケール(全高9.5cm)
■対象年齢15歳以上 攻殻機動隊ファン
■販売ルート全国の玩具店、ホビー店、百貨店の玩具売場等
■販売目標2万個(2008年3月末まで)
■セット内容超合金本体
インストール用CD−ROM(WINDOWS XP以降対応)
USBケーブル




魂ウェブ URL:http://www.tamashii.jp/
バンダイホームページ URL:http://www.bandai.co.jp/


©士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊製作委員会



前のページへ戻る

ページの上部へ