プレスリリース | 株式会社バンダイ

バンダイホーム > お知らせ > プレスリリース一覧 > プレスリリース詳細

プレスリリース詳細

2008/10/22
株式会社 バ ン ダ イ
本 社:東京都台東区駒形1−4−8
社 長:上野和典、資本金:246億円
触っている気がする!?液晶画面の「中」をつっついて遊ぶ新感覚デジタルトイ


『ツッツキバコ』11月15日(土)発売


穴に指を入れ、とにかく“つっついて”遊ぶ!様々なアクションに癒される!
   

 株式会社バンダイは、新感覚のデジタルトイ『ツッツキバコ』(全3色/各3,990円・税込)を2008年11月15日(土)に発売します。
 この商品は、本体横のツッツキ穴(指挿入部)から指を入れると液晶画面上に指があらわれて、中で指を動かすと、まるで実際に触っているかのように画面上のパンダやアメーバなど様々なキャラクター達をつっついて遊ぶことができます。
 ステージは全部で5つあり、それぞれのステージに登場するキャラクターはつっつき方によって違った動きをするので、どんなリアクションが出てくるかを眺めて楽しめ、様々なキャラクター達が見せるユニークなアクションは見ているだけで癒されます。また、中には「シークレットアクション」と呼ばれる隠しアクションも存在するため、宝探しのように様々なアクションを探し出すのも楽しさの一つです。
 思わず穴に指を入れてみたくなるそのデザイン、様々なキャラクター達のユーモラスなアクション、そして「本当に触っている」気すらしてしまう“触覚の錯覚”とも言うべき未体験の不思議な感覚が、この商品の最大の魅力です。
 ターゲットは20〜30代の男女で、雑貨店、百貨店、量販店の玩具売場や玩具専門店などで発売し、2009年3月までに10万個の販売を目指します。




『ツッツキバコ』(全3色/各3,990円・税込)
写真 左:アカ/右上:ミドリ/右下:クロ
©BANDAI・WiZ 2008
※画面は「PANDA STAGE」です。





とにかくつっついて遊ぶ!『ツッツキバコ』



■遊び方
 遊べるステージは、「AMEBA STAGE」「FACE STAGE」「PANDA STAGE」「SEA STAGE」「FIGURE STAGE」の5つです。本体横のツッツキ穴に指を入れて、下記の5つの指の動かし方で、キャラクターをつっついてリアクションを楽しみます。



 「AMEBA STAGE」「PANDA STAGE」「FIGURE STAGE」では、キャラクターの触り方でミニゲームを始めることもできます。


AMEBA STAGE不思議な生物(アメーバ)を押したり、引っ張ったりしよう!
FACE STAGE顔にいたずらして、いろいろなところをこすってみよう!
PANDA STAGEかわいいパンダをとにかくつっついて遊ぼう!
SEA STAGE海の中のツボ、クリオネ、泡を触ってみよう!
FIGURE STAGEツッツキバコの住人を触って遊ぼう!




■触り方で変わる!リアクションの一例



▲AMEBA STAGE

▲FACE STAGE

▲PANDA STAGE




■メニュー選択も、指でつっつく!
 「メニュー画面」で、ツッツキ穴に指をいれ、画面右側の「+」ボタンを押すと、左側のメニューが下方向にスクロールし、好きなステージや各種設定画面を指でつっついて左側に押しこむと、選択され、ツッツキ穴から指を抜くと決定します。




■待機画面では、時計表示もできる!
 「待機画面」では、各ステージの画面を順番に表示したり、本体正面の切り替えボタンを2回押すことで、時計表示画面に切り替えることも出来ます。また、設定した時間に電子音を鳴らすことも出来るので、アラームとして使用することも可能です。アラームは、ツッツキ穴に指を入れて止めることも出来ます。





【本当に触っている気がする!?その秘密とは…】
脳のつじつま合わせによる、触覚の錯覚
東京大学文学部・大学院人文社会系研究科教授 佐藤隆夫氏

脳には、五感のバランスが不自然な状態の時、無い部分の感覚を補ってつじつま合わせをする働きがあります。『ツッツキバコ』で遊んでいる人は、指先の動きとして「中のものをつっついている」ことを自覚し、視覚からもそれと矛盾しない情報が脳に入ってきます。指先の感覚、触覚だけがゼロなのですが、指の運動感と視覚から来る情報が「つっついている」状態を強く示しているため、脳がつじつま合わせをして、無いはずの触覚(=本当に触っている気がしてしまう「触覚の錯覚」)を作り出してしまうのです。




【穴に指を入れたくなるのは、人間の本能!?「アフォーダンス」】

穴を見たとき、思わずその穴に指を入れてみたくなりませんか?
これは心理学で「アフォーダンス」と呼ばれる現象のひとつです。人間は、取っ手があれば引っ張ってみたくなったり、飛び出しているものを押してみたくなるのです。「ツッツキバコ」はまさに人間の本能ともいうべきこの欲求に応えることの出来る商品です。





< 商品概要 >
■商品名ツッツキバコ
■希望小売価格各3,990円(税込)
■発売日2008年11月15日(土)
■種類全3色(アカ・クロ・ミドリ)
■メインターゲット20〜30代の男女
■販売ルート雑貨店、百貨店、量販店の玩具売場や玩具専門店など
■本体サイズH75×W82×D54(mm)
■重さ約156g(電池含む)
■電池単4電池x3本(別売り)
■セット内容本体、取扱説明書
■素材本体・・・ABS・PC
※ツッツキバコは株式会社バンダイと株式会社ウィズの共同企画・開発商品です。





バンダイ ホームページURLhttp://www.bandai.co.jp
アソビジョン ホームページURLhttp://www.asovision.com/
ツッツキバコ ホームページURLhttp://www.asovision.com/tuttuki/



前のページへ戻る

ページの上部へ