プレスリリース | 株式会社バンダイ

バンダイホーム > お知らせ > プレスリリース一覧 > プレスリリース詳細

プレスリリース詳細

2009/12/01
株式会社 バ ン ダ イ
本社:台東区駒形1-4-8
社長:上野和典、資本金:246億円
バンダイと日立製作所の共同プロジェクト 脳科学から生まれたべビートイ
BabyLabo(べビラボ)®』 2010年1月30日(土)発売
目指したのは“赤ちゃん満足度No.1!!”
   

 (株)バンダイ【以下、バンダイ 本社:東京都台東区 社長:上野和典】は、株式会社日立製作所【以下、日立 本社:東京都千代田区 執行役会長兼執行役社長:川村隆】との共同プロジェクトにより、脳科学に基づいたベビートイBabyLabo(べビラボ)®』シリーズ(全9種・893円〜18,900円/税込)を開発しました。2010年1月30日(土)より全国の雑貨店・百貨店・量販店の玩具売り場や玩具専門店、ベビー用品専門店などで発売します。  
 BabyLabo(べビラボ)®』は、赤ちゃんが成長に応じて夢中になって遊べるベビートイの開発をめざすバンダイと、これまで培った脳科学の知見の応用を検討していた日立との共同プロジェクトにより生まれたものです。まだ言葉を発しない赤ちゃんが、成長に合わせて何を認知できるかを脳科学に基づき検証し、各成長段階に応じた遊びを盛り込んでいます。なお、本シリーズは、Brain Science審査会で承認された商品に対して付与される、Brain Scienceマーク取得の第一号商品となります。
 今回の商品開発では、日立が玉川大学赤ちゃんラボの協力を得て、生後0ヶ月から6ヶ月の赤ちゃんが本当に“分かる”視覚・聴覚情報の研究を行いました。視覚情報においては、小さいお子様に人気の「それいけ!アンパンマン」のキャラクターを用いて行いました。その結果、生後1〜2ヶ月の赤ちゃんから「アンパンマン」の顔の要素を認識できることなど、成長時期に応じたより良い刺激と遊びが明らかになってきました。第一弾商品の『ステップごとの刺激と遊び♪すくすくプレイマット』(18,900円/税込)は、その研究成果を象徴するメインアイテムで、赤ちゃんの成長に合わせて区別ができる視覚刺激・聴覚刺激と遊び要素をカスタマイズして遊べるプレイマットです。
 BabyLabo(べビラボ)®』は、『ステップごとの刺激と遊び♪すくすくプレイマット』の他、赤ちゃんの成長に合わせた刺激と遊びを盛り込んだベビートイ全9アイテムを初回のラインナップとして展開します。
 バンダイでは、今後も“赤ちゃん満足度No.1!!”のベビートイを目指し、2011年3月までにシリーズ売上10億円を計画しています。
右:Brain Scienceマーク
左:『BabyLabo®』シリーズ
©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV※『BabyLabo®』は、バンダイの登録商標です。
※Brain Scienceマークは、日立製作所の商標です。





脳科学から生まれたベビートイ 『BabyLabo®』 とは?

 『BabyLabo®』は、脳科学に基づき赤ちゃんが成長に応じてどのようなことが“分かる”ようになるかを研究し、その検証成果を取り入れた、赤ちゃんの好奇心を引き出す刺激と遊びを盛り込んだベビートイです。 例えば、赤ちゃんの視覚・聴覚については、様々な検証により生後0〜2ヶ月・3〜4ヶ月・5〜6ヶ月それぞれの時期に以下のようなことが明らかになりました。


【 検証内容の一例 】


より詳しい検証の内容は、BabyLaboホームページ(http://babylabo.jp)をご覧ください。
上記の月齢はあくまでも目安です。成長には個人差があります。
表情認知は検証用の普通顔とキャラクター設定上のさまざまな表情の顔を比較した実験を行っております。
検証用の普通顔は商品には含まれておりません。
©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV





成長に合わせて遊びをカスタマイズ!『ステップごとの刺激と遊び♪すくすくプレイマット』

 『BabyLabo®』『ステップごとの刺激と遊び♪すくすくプレイマット』は、研究成果を象徴するメインアイテムで、赤ちゃんの成長に合わせて区別ができるようになる視覚刺激・聴覚刺激と遊び要素をカスタマイズできるプレイマットです。付属している取扱説明書に保護者の方に向けた遊び方を解説しているので、赤ちゃんの成長に合わせた効果的な遊びにステップアップさせることができ、飽きずに長く遊んでいただけます。


右:赤ちゃんとママの遊び方BOOK(取扱説明書)
左:ステップごとの刺激と遊び♪すくすくプレイマット(18,900円/税込)



視覚の成長に合わせてカスタマイズ!

 プレイマット中央の「ゆらゆらメリー」は、付属する「模様」や「アンパンマンの表情」が描かれた16枚の視覚カードを自由に差し替えて遊べるラトルです。生後0〜2ヶ月の赤ちゃんには、この頃認識できるようになる、下図の@とAのカード、3〜4ヶ月にはBとCやDとEのカードを組み合わせます。さらに、様々な表情を認識しはじめ、見えているものに手を伸ばす5ヶ月ごろからは、「ゆらゆらメリー」から手を使ってカードを回せる「くるくるお顔カード」に付け替え、カードだけでなく、ラトル自体も付け替えて遊べます。


@A
カードの模様の入れ替えと同時にラトルも成長に合わせた遊びにステップアップ!
BC
DE



より良い音にとことんこだわり聴覚の刺激もステップアップ!

 サウンドユニット上に付いているラトルをひっぱると効果音が流れます。ステップ切り替えスイッチで、“話し言葉”や“協和音・不協和音”など、赤ちゃんの成長時期により聞き分けられる音や好む音を3段階で切り替えられます。リラックスメロディボタンを押すと「ゆりかごのうた」や「川のせせらぎ」などが流れます(全6種)。
 また、知見の成果を最大化するために、音質にもこだわり高音質のサウンドユニットを採用しています。
赤ちゃんがラトルをひっぱるとサウンドユニットから効果音が流れます。
©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV





【商品概要】
■商品名『ステップごとの刺激と遊び♪すくすくプレイマット』
■希望小売価格18,900円(税込)
■発売日2010年1月30日(土)
■販売ルート全国の雑貨店・百貨店・量販店の玩具売り場や玩具専門店、ベビー用品専門店など
■本体サイズH600×W700×D700(mm)
■重さ約1000g
■電池単3乾電池3本使用(別売) ※アルカリ電池推奨
■セット内容本体(サウンドユニット・ポール・マット)、アンパンマンラトル、ばいきんまんラトル、ききゅうのラトル、
アンパンマンごうラトル、おおきなミラー、リング×5、くるくるお顔カード、ゆらゆらメリー、カードホルダー×2、
視覚カード×16枚(全15種)、取扱説明書・赤ちゃんとママの遊び方BooK
■素材ポリエステル、ナイロン、ABS、PVC、EVA、PP、紙





それぞれの目的に合わせた『BabyLabo®』の商品ラインナップ

 『BabyLabo®』では『ステップごとの刺激と遊び♪すくすくプレイマット』の他、成長に合わせたコミュニケーションを応援する「読み聞かせ布えほん」や歯がためなど全9アイテムを初回のラインナップとして展開します。


BabyLabo®シリーズ 初回ラインナップ



@ABCD

EFGH



No. 商品名 価格(税込) 対象月齢
@ ステップごとの刺激と遊び♪すくすくプレイマット 18,900円 0ヶ月〜
A りんりんいい音マキマキラトル 1,344円 0ヶ月〜
B にぎにぎしやすいはじめてラトル 998円 0ヶ月〜
C はじめての読み聞かせ 2,940円 0ヶ月〜
D カバーがついてあんしんチャイム 1,344円 3ヶ月〜
E はじめてのはがためラトル 893円 3ヶ月〜
F カミカミはがため 998円 3ヶ月〜
G 2wayおでかけ手あそびモビール 2,415円 3ヶ月〜
H だいすきミラーのいたずらボード 3,150円 3ヶ月〜




BabyLabo ホームページURLhttp://babylabo.jp
バンダイ ホームページURLhttp://www.bandai.co.jp

日立製作所ニュースリリース:http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2009/12/1201.html

©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV



前のページへ戻る

ページの上部へ