プレスリリース | 株式会社バンダイ

バンダイホーム > お知らせ > プレスリリース一覧 > プレスリリース詳細

プレスリリース詳細

2010/03/19
株式会社バンダイ
社長:上野 和典 本社:東京都台東区
「ガンプラ」生誕30周年
『ガンプラ30周年プロジェクト』始動
―さらなる進化を求めて―
   
 株式会社バンダイが、1980年7月より発売しているガンダムのプラモデル「ガンプラ」は、2010年に生誕30周年を迎えました。また、2010年3月時点での累計販売数がついに4億個を突破しました。
 バンダイでは「ガンプラ」を応援してくださる全てのファンの皆様への感謝の気持ちをこめて、『ガンプラ30周年プロジェクト』を始動します。
 本プロジェクトでは、30年間培ってきた技術を結集した「ガンプラ」新ブランドの導入、全国を横断する各種イベントの開催、そして、昨年夏お台場で415万人を集客した全高18メートルの実物大立像を、『ガンプラ REAL(リアル) GRADE(グレード) 1/1 RX−78−2ガンダム』として装いも新たに静岡の地に設置します。
 バンダイでは、この30年の節目を「ガンプラ」のさらなる進化に向けたスタートととらえ、「ガンプラ」の新たなる歴史をここから創り上げていきたいと考えています。


ガンプラ新ブランド『REAL(リアル) GRADE(グレード)シリーズ』2010年7月24日誕生
 「ガンプラ」の愛称で親しまれているTVアニメーション「機動戦士ガンダム」のプラモデルは、1980年7月に「1/144ガンダム」(300円)としてはじめて発売されました。わずか半年で100万個を販売し、翌81年にはシリーズ累計2,500万個を販売するなど、一大“ガンプラブーム”を巻き起こしました。以来、常に最新の技術とファンのこだわりの声を商品開発に反映させることで“進化するプラモデル”として発展を遂げてきました。また「ガンプラ」はあえてMADE IN JAPANにこだわり、「バンダイホビーセンター」(静岡市葵区長沼)を生産拠点に企画から設計、生産までを一貫して行っています。

 「ガンプラ」は現在、1/144スケールのスタンダードブランド「HG(ハイグレード)シリーズ」(初〜中級者向け)、1/100スケールで外観だけでなく内部のメカ構造までこだわった「MG(マスターグレード)シリーズ」(中〜上級者向け)、1/60スケールでプロポーション、可動、内部メカニズムを究極まで再現した「PG(パーフェクトグレード)シリーズ」(上級者向け)など、それぞれに特長を持つ複数のブランドで展開しています。

 そして2010年7月、バンダイが30年間培ってきた技術を集結させた新たなシリーズブランド『RG(リアルグレード)シリーズ』が誕生します。

 1/144スケールで展開する『RG(リアルグレード)シリーズ』では“よりリアルな雄姿の追求”をテーマに、1/144スケール(全高約125mm)でありながら、「MGシリーズ」レベルのハイディテールな外装・可動を同時に実現しました。「ガンプラ」初級者〜上級者まで全てのお客様に、組み立てる楽しさと完成後のさらなる満足感をご提供できるシリーズです。

 バンダイでは『RG(リアルグレード)シリーズ』第1弾商品として、『RG(アールジー) 1/144 RX−78−2ガンダム』(2,625円・税込)を、初代ガンプラの発売日である7月24日(土)に発売します。


RG(アールジー) 1/144 RX−78−2ガンダム』の主な特長



■外装部分の精密なパーツ分割で、リアル感を徹底追求
外装部分のパーツ数を、同じ1/144スケールである「HGシリーズ」のおよそ2倍にし、外装パネルを細部まで表現することで、よりリアルな外観を追及しました。また、これまで1/144スケールでは再現が難しかった「コア・ブロック」から「コア・ファイター」への完全変形など、劇中シーンの再現も可能に。 また、「リアリスティックデカール」と呼ばれる、外装をさらにリアルに演出する特殊素材デカールも付属します。
『RG』開発用イラスト



■内部骨格に新しい機構を採用。パーツ数を大幅に低減しつつ「MGシリーズ」クラスの可動箇所を確保
新たに開発された内部骨格機構「アドバンスドMSジョイント」を腕・脚・胴体の関節部分に採用しました。通常、内部関節パーツを組み立てる際には、細かなパーツを1つ1つ組み立てる必要がありましたが、本商品ではランナーから取り外すだけで簡単に関節パーツが完成します。内部骨格のパーツ数を「MGシリーズ」の約10分の1以下に低減しながら、可動箇所はほぼ「MGシリーズ」並みを確保し、組み立てやすさとアクション性の両立を実現しました。


↑ランナーからパーツを取り外すだけで、
組立て済みのインナーフレームが完成します。




←簡単組立てながら、ダイナミックな
可動も同時に確保しました。
※上記画像は開発用イラストにつき、実際の商品とは異なります。
©創通・サンライズ






RG(アールジー) 1/144 RX−78−2ガンダム』(2,625円・税込)
©創通・サンライズ 
※画像は開発途中のため実際の商品とは異なります。





<商品概要>
商 品 名RG(アールジー) 1/144 RX−78−2ガンダム』
価   格2,625円(税込)
発 売 日2010年7月24日(土)
完成サイズ全高約125mm
ターゲット10代半ば〜30代後半の男性
販売ルート全国の模型店、玩具店、家電量販店、ネット通販など
販売目標2011年3月末までに50万個





全ての「ガンプラ」ファンに贈る30周年記念イベント
 2010年は、すべての「ガンプラ」ファンに向けて、日本全国を横断する複数のイベントを展開する予定です。


「ガンプラ30周年記念 GUNDAM SUPER EXPO」
「ガンプラ」を中心に、ガンダム関連商品の展示、体験、限定商品の販売などで構成されるスペシャルイベントです。
開催期間2010年8月(予定)
会  場東京ドームシティ プリズムホール



「ガンプラEXPO Japan tour 2010」
全国主要都市を横断する「ガンプラ」のイベント。「ガンプラ」の展示・体験コーナーや限定商品の販売などを行います。
開催時期:2010年9月〜2011年3月(予定)


※詳細については決まり次第改めて発表させていただきます。



『ガンプラ REAL(リアル) GRADE(グレード) 1/1 RX−78−2ガンダム』静岡に立つ!


 2010年7月24日(土)から東静岡広場(JR東静岡駅北側/静岡市葵区長沼)で開催されるイベント「模型の世界首都 静岡ホビーフェア」(主催:ホビーのまち静岡実行委員会、共催:静岡市)内に、バンダイは「RG(リアルグレード)1/1ガンダムゾーン」を展開します。
 「RG(リアルグレード)1/1ガンダムゾーン」では、ガンプラ30周年記念として、全高18メートルの実物大ガンダム立像『ガンプラ REAL(リアル) GRADE(グレード) 1/1 RX−78−2ガンダム』が、「ビームサーベル」を装備した新たな仕様で登場します。


RG(リアルグレード)1/1ガンダムプロジェクト」について

<出展概要>
「模型の世界首都 静岡ホビーフェア」に、バンダイが「RG(リアルグレード)1/1ガンダムゾーン」として出展、中央に実物大ガンダム立像『ガンプラ REAL(リアル) GRADE(グレード) 1/1 RX−78−2ガンダム』を設置。台座に上がり、立像に実際に触れることができる「タッチ&ウォーク」、オフィシャルショップなどを展開予定。

<出展期間>
2010年7月24日(土)〜2011年1月10日(月・祝)
「RG1/1ガンダムゾーン」内のガンダム立像の演出及び「タッチ&ウォーク」は、10月1日(金)〜11月30日(火)は休止する予定です。但し、ゾーン内に入場しガンダム立像をご覧頂く事は可能です。
「RG1/1ガンダムゾーン」内のブース(オフィシャルショップ等)は、10月1日(金)〜11月30日(火)は休業する予定です。


<アクセス>
JR東静岡駅北口下車徒歩1分(JR東海道線)
静岡鉄道長沼駅徒歩5分(静岡鉄道静岡清水線)


※詳細については決まり次第改めて発表させていただきます。


『ガンプラ REAL(リアル) GRADE(グレード) 1/1 RX−78−2ガンダム』について
 TVアニメーション「機動戦士ガンダム」に登場する「RX−78−2ガンダム」を実物大の18メートルで再現した立像です。ガンダムの代表的な装備である「ビームサーベル」を右手に持ち、よりリアルで臨場感溢れる新たな仕様で設置します。頭部が上下左右に可動するほか、約50箇所に発光ギミックが内蔵されています。そのほか、両胸スリット部と足首部分、背中のバーニアなど14箇所にミスト噴射ギミックが内蔵されています。立像は専用台座に設置され、夜間には新たなライトアップを予定しています。


『ガンプラ REAL(リアル) GRADE(グレード) 1/1 RX−78−2ガンダム』イメージ図
©創通・サンライズ



※本プレスリリースの情報は3月19日時点のものです。予告なく変更する場合があります。ご了承下さい。




ガンプラ30周年公式サイトhttp://www.gunpla30th.net/
ガンプラ30周年公式サイト(モバイル)QRコード
【ガンプラ30周年サイトQR】http://wwwgunpla30th.net/



前のページへ戻る

ページの上部へ