バンダイ こどもひろば

おもちゃができるまで

組み立て

塗装ができた部品をロボットの姿に組み立てる

工場のスタッフが、作業を分担してロボットを組み立てていきます。
ロボットの腕(うで)、足、胴体(どうたい)などの部分ごとに組み立てます。
熟練したスタッフは、まばたきしたら見のがしてしまうほどのスピードで、手早く正確に部品を組み立てる技術を持っています。
しっかりと連結させる部分は、ビスを打ちます。ここで紹介しているロボットには、87カ所のビス打ちをしています。

組み立て
組み立て1

細かい部分から正確に組み立てていきます。部品を組み立てる作業は、ほとんどがスタッフの手作業です。

組み立て2

小さな部品を、正確にビスを打って組み立てていきます。

組み立て作業の間にも検査をしています

たくさんの部品を組み立てるには、精密さが必要です。ロボット全身の形になる前に、パーツごとに正しくできあがっているか調べています。

組み立て検査1
組み立て検査2

パーツの形や大きさが正しくできているか調べます。