バンダイホーム > バンダイこどもアンケート > アンケート結果 > 1999年 > 1999年11月 今年のクリスマスプレゼントとその予算は?

アンケート結果

1999年11月 今年のクリスマスプレゼントとその予算は?

調査概要

調査方法: 雑誌や新聞等でのハガキ及びインターネット上でのアンケート付きプレゼント企画の応募ハガキよりランダムに抽出
  実施期間: 1999年11月
  質問内容: 今年のクリスマスプレゼントの予算と中身は?
  有効回答数: 420人

年齢内訳
0〜2歳 83人
3〜5歳 80人
6〜8歳 46人
9歳〜 18人
---------------
計 227人


年齢内訳
0〜2歳 60人
3〜5歳 68人
6〜8歳 41人
9歳〜 24人
-------------
計 193人




  
『今年のクリスマスプレゼントの予算と中身は?』

アンケート総合結果

クリスマスプレゼントの予算(男女合計420人中)


男児全体集計

男児クリスマスプレゼントの中身

1999年
(227人中・複数回答含む)
ご参考 1998年
(316人中・複数回答含む)
1 ゴーゴーファイブの玩具 14.5% 1 ウルトラマンの玩具 19.9%
2 ゲームソフト 13.2% 2 ギンガマンの玩具 16.2%
3 ウルトラマンの玩具 10.1% 3 TVゲームソフト 8.2%
  車の玩具 10.1% 4 ポケモングッズ 7.0%
5 電車の玩具 7.0%   電車の玩具 7.0%
  ポケモングッズ 7.0% 6 車の玩具 6.0%
7 きかんしゃトーマスの玩具 4.4% 7 自転車 4.4%
8 アンパンマングッズ 3.5%   知育玩具 4.4%
9 自転車 2.6% 9 きかんしゃトーマスの玩具 4.1%
      10 ブロック 3.8%

女児 全体集計

女児クリスマスプレゼントの中身

1999年
(193人中・複数回答含む)
ご参考 1998年
(215人中・複数回答含む)
1 ぬいぐるみ
14.5%
1 ぬいぐるみ
8.5%
2 ポケモングッズ
13.2%
  ままごとセット
8.5%
3 自転車
10.1%
3 人形
6.6%
  ままごとセット
10.1%
4 シルバニアファミリーの玩具
6.1%
5 おジャ魔女どれみの玩具
7.0%
5 ハローキティグッズ
5.6%
  ゲームソフト
7.0%
  ポケモングッズ
5.6%
7 ハローキティグッズ
4.7%
7 知育玩具
4.7%
8 ブロック
4.1%
8 アンパンマンの玩具
4.2%
9 ディズニーグッズ
3.6%
  自転車
4.2%
  アンパンマングッズ
3.6%
  お化粧セット
4.2%
*プレゼントの中身の%は回答数÷人数で算出したもので、そのプレゼントを欲しいこどもの割合。


 
調査結果概要1

景気に左右されないクリスマスプレゼントの額

 プレゼント予算は3000〜5000円が主流で、例年と大きな違いは見られず、こどものプレゼントの金額は不景気など社会環境にあまり影響されないようだ。ちなみに今回の最高金額は10万円、中身は子犬だった(昨年の最高金額は4万円のラジコンカー)。

調査結果概要2

ウルトラマンはTV放送終了後も定番として定着

男児では戦隊シリーズの「ゴーゴーファイブの玩具」が「ウルトラマンの玩具」を抜きトップとなった。「ウルトラマンガイア」のTV放送が終了したためと考えられる。とはいえ依然3位であり、定番キャラクターとしての強さがうかがえる。また男児では、昨年に比べ「ポケモングッズ」が順位を落とす一方で、「ポケモン金銀」の発売により「ゲームソフト」が順位を上げた。今後のキャラクター人気の行方が注目される。

調査結果概要3

女児は定番玩具が人気 人形離れの傾向も?

 女児では「ぬいぐるみ」「ままごとセット」など定番商品が強いが、例年ベスト3に入っていた「人形」が、今年初めてベスト10圏外に去った。女児の遊びが人形離れしているのだろうか。また昨年は10位以内にTV番組キャラクターが入らず人気キャラクター不在と言われたが、今年は「おジャ魔女どれみの玩具」が5位となった。このキャラクターは好きなキャラクター調査(1999年10月当社調べ)でも上位にあがった。(参考資料ご参照)。

調査結果概要4

女児は流行に敏感

 年齢層別に見ると、男児は例年5歳以下は「TVキャラクターの玩具」5歳以上は「ゲームソフト」が人気となり今年もこの傾向は同じだった。
 一方、女児は5歳以下は毎年定番玩具が人気だが、5歳以上は毎年傾向が変わる。95年電子手帳、96年シールプリンター、97年たまごっち、98年TVゲーム機、といった具合だ。今年はポケモンの金銀の影響か、ゲームソフトが人気で、お化粧セットが上位に入っているのも注目される。男児に比べて女児は流行やトレンドに敏感なのかもしれない。

前のページへ戻る

ページの上部へ