小学館の学習雑誌「小学8年生」日本能率協会、学習・体験ワークショップが大集結するイベント、夏休み 2018  宿題が協力して、

 

小学生No.1の宿題・自由研究作品を決めるコンテスト、

第1回 夏休み宿題自由研究大作戦大賞

が開催されます! バンダイは、サポーター企業としてこのコンテストに参加します。

 

「捨てちゃうものを使って楽しいおもちゃを作ろう!」をテーマに、

「バンダイ エコ賞」

を設け、エコ活動&自由研究をがんばるみなさんを応援します!

 

応募期間は、2018年9月20日まで。応募方法など詳しくは、

「小学八年生」の公式サイト▶︎をご覧ください!

 

夏休みの自由研究で、小学生日本一をねらっちゃお!

 

 

夏休みの宿題・自由研究に役立つ学習・体験ワークショップが大集結するイベント、

夏休み 2018 宿題に出展するよ!

バンダイは、東京(7月26日〜28日)と大阪(8月2日、3日)の2つの会場で、

「カプセルはんこエコ工作」のワークショップを開催します!

 

くわしくは、イベントカレンダー▶︎を見てね!

2018年5月19日(土)・5月20日(日)の2日間、東京都足立区役所で

「地球環境フェア2018」が開催(かいさい)されました。

▲バンダイの環境への取り組みやおもちゃのエコを紹介しました。

「地球環境フェア」は、東京都足立区が中心となって行なっているイベントで、多くのみなさんに環境への関心を高めてもらい、環境活動の輪が広がることを目的として毎年開催(かいさい)されています。

 

バンダイのブースでは、エコ工作のワークショップ

『カプセルはんこエコ工作にチャレンジ!』を行いました。

 

たくさんのみなさんが、カプセルはんこ作りにチャレンジしてくれました。

工場から出た廃材(はいざい/いらなくなった素材)と、ガシャポンの空カプセルをリユース(再利用)して、楽しくユニークなハンコが次々とできあがりました〜!

▲参加してくれたみなさん、しんけんにエコ工作に取り組みます!

▲自分だけのオリジナルのはんこを作ります。

「足立地球環境フェア2018」には、さまざまな環境活動に取り組む企業や、日本各地の自治体も参加しています。屋外にもブースがならんで、気軽に参加できるワークショップが開かれ、無農薬野菜やエコグッズの販売、焼きそばやクレープなどの屋台も出ていました!

▲市役所の中庭は芝生の広場。みんなのびのび!

▲中央公園の緑をバックにお店が並びます。

▲足立区からエコ活動を広げるために活躍中のドラゴン「ミリー」「ドリー」「リリー」。会場入り口でお出迎えしてくれました。

ワークショップに参加したり、お店をのぞいたり、

1日中のんびりとエコを体験しながら楽しめるイベントでした!

2018年5月19日(土)・5月20日(日)の2日間、東京都足立区役所で「地球環境フェア2018」が開催(かいさい)されます。

 

▲昨年(2017年)のワークショップの様子。バンダイのおもちゃのエコを紹介しました。

「地球環境フェア2018」は、多くのみなさんに環境への関心を高めてもらい、環境活動の輪が広がることを目的として開催(かいさい)されるイベントです。

 

バンダイのブースでは、

カプセルはんこエコ工作にチャレンジ!

カプセルはんこのワークショップを開きます!

 

くわしくは、イベントカレンダーを見てね!

4月3日、東京都千代田区の科学技術館で、「学びのフェス」が開催されました。

▲いろんな学びが体験できるイベントです。

「学びのフェス」は、環境や食、科学、労働などさまざなをテーマの授業が集まる “学び” のイベント。バンダイのブースでは、

「おもちゃのエコを学ぼう!~カプセルはんこエコ工作にチャレンジ!~

を開催。たくさんのみなさんにワークショップを体験してもらいました。

▲まずは、バンダイのおもちゃのエコを学びます。

▲クイズコーナーで盛り上がり!

まずは、バンダイのおもちゃのエコについて学びます。バンダイがおもちゃ作りの中でおこなっている “おもちゃの3R” を紹介し、みなさんの生活の中でできるエコについて考えてもらいました。

▲カプセルはんこエコ工作のワークショップがスタート。

ワークショップの後半は、カプセルはんこエコ工作にチャレンジ! 

ガシャポンの空カプセルと、墨田区の工場からでた廃材(はいざい:いらなくなった材料)をリユース(再利用)して、オリジナルのはんこ “カプセルはんこ” を作りました。

▲いらなくなったカプセルを再利用して、はんこに変身させます。

▲どんなはんこにしようかな? わくわく!

▲みんなのアイデアで個性的なはんこができていきます。

▲できあがったはんこをペタリ!

カプセルはんこエコ工作にチャレンジすることで、「いらなくなった」と思ったものでも、工夫やアイデアで楽しく変身させて、使ったり遊んだりできることを体験してもらうことができました。

 

この日1日で、6回のワークショップを行い、約140名のみなさんが参加してくれました。

つまり、できあがったカプセルはんこも約140個! 

使わなくなった空きカプセルと工場の廃材が、楽しいはんこに変身しました!

▲たくさんのユニークなはんこができました!

おもちゃのエコについて知ってもらうだけでなく、

生活の中のエコを考えるきっかけになってくれたらうれしいです!