ほ~つた検査官
ほ~つた検査官

おもちゃの安全・安心

バンダイのおもちゃで楽しく遊んでもらうために

バンダイがおもちゃを作るとき、いちばん大切にしていることは、「安全であること」です。

ほ~つた検査官

  • おもちゃで遊んでいて、ケガをする可能性があってはいけません!
  • すぐにこわれてしまうおもちゃは、安全とは言えません!
  • 遊び方や正しい使い方がわからないおもちゃは安心して遊べません!

バンダイではおもちゃを設計するときから、安心して遊べるおもちゃになるように、
どんな素材で作るか? どんな形にするか? どんな仕組みにするか?
など、さまざまなことに注意深く気を配っています。

おもちゃの安全・安心のために注意していること
ケガをしないように…
とがっていないこと
引っかかったり、ささったりしてしないように、素材の形や固さなどに注意します。
指がはさまらないこと
すき間や穴に指が入っても、すぐにぬける大きさにするか、指が入らないように小さくするようにします。
電池のフタなどがカンタンに開かないこと
遊んでいるときに、フタが開かない仕組みにします。
……など
電池のフタなどがカンタンに開かない
じょうぶであること…
落としてもこわれない
落としてもかんたんにこわれないこと
人が手に持った高さから落としても、こわれることがないように形や仕組みに注意します。
温度の変化にたえられること
気温が高い所、低い所でもおもちゃの性能や品質が変わらないようにします。
動かし続けてもこわれないこと
動かす部分のあるおもちゃは、長時間ずっと動かし続けてもこわれたり性能や品質が変わらないようにします。
……など
わかりやすくすること…
使う電池がすぐにわかる
使う電池がすぐにわかる
電池を使うおもちゃは、必要な電池の種類や数がひと目でわかるような表示をつけます。
遊び方や組み立て方がすぐにわかる
おもちゃの遊び方や組み立て方が、すぐにわかるように取扱説明書などの説明のしかたを工夫します。
修理や交換するときの連絡先
おもちゃの修理をしたり交換するときの連絡先を、わかりやすく表示します。
……など

バンダイでは、約370個もの検査項目を作って、おもちゃをきびしくチェックしています。どんなところを、どんなふうにチェックしているか安全検査の例を見てみましょう!

宇宙戦隊キュウレンジャー 9段変形DXキューザウェポン

<商品紹介>

キュウレンジャーの武器アイテム。3つのパーツを組み合わせて9つのモードに変形。9人の武器が再現可能です。トリガー操作で攻撃音が発動し、さらに、キュータマをセットすると必殺技サウンドがひびきます。
対象年齢:3才以上
©2017 テレビ朝日・東映AG・東映

宇宙戦隊キュウレンジャー DXキューザウェポン
素材の成分を検査

なめたら体に害がでちゃうかも!?

小さな子どもは、おもちゃをなめてしまうことがあります。専用の機器を使って、おもちゃの素材に、体に悪い成分が入っていないか確かめます。

溶出検査
水銀など体に悪い金属が入っていないか調べる検査。
おもちゃの固さを検査

当たってケガをしちゃうかも!?

遊んでいるときに体に当たったり、ぶつかったりすることが予測される部分があるおもちゃは、安全な柔らかさになっているか確かめます。

安全な柔らかさ
体に当たってもケガをしないかチェックします。
パッケージ表示

おもちゃの箱にも、さまざまな表示の決まりがあります。

DXキューザウェポンのパッケージ
警告・注意表示
ケガなどをしないように特に気をつけて欲しいことを、まとめて目立つように表示しています。
対象年齢
おもちゃの対象年齢を表示しています。
ひと目でわかるように!
遊ぶときに必ず注意して欲しいことは、絵や記号・マークを使った「ピクトグラム」でも表示しています。子どもでも、大人でも、また日本語がわからない人でも、重要なことを伝えるための工夫です。
安全ピクトグラム
ST(エス・ティー)マーク
STマーク
日本玩具協会(にほんがんぐきょうかい)の「おもちゃ安全基準」に合格したおもちゃは、箱に「ST(エス・ティー)マーク」が表示されています。安全なおもちゃのしるしです。
修理や交換するときの連絡先
おもちゃに関するご相談やご意見を受け付ける「お客様相談センター」への連絡先を、目立つように表示しています。修理や交換が必要になった時の、送り先住所も書かれています。 ※「お客様相談センター」で受け付けた、みなさんからのご相談やご意見は、より良いおもちゃ作りに活かしています。
魔法使いプリキュア! リンクルステッキ

<商品紹介>

キュアミラクルとキュアマジカルの2人が使うステッキ型アイテム。魔法の杖を差しかえると、2人それぞれのリンクルステッキのデザインと音声で遊べます。
対象年齢:3才以上
©ABC・東映アニメーション

魔法使いプリキュア! リンクルステッキ
部品の大きさを検査

のどつまっちゃうかも!?

小さな部品があるおもちゃは、もし口に入れてしまったとき、のどにつまる大きさになっていないか確かめます。

部品の大きさを検査
子どもののどの大きさをもとに作った専用の検査器具を使って、部品の大きさを検査します。
穴やすき間の大きさを検査

がはまってケガしちゃうかも!?

穴やすき間に指がはさまることがないか、穴やすき間の大きさを確かめます。

指が入らない大きさであることを検査
子どもの指の太さをもとに作った専用の検査器具を使って、指が入らない大きさであることを検査します。
音声の大きさを検査

音が大きくて痛くなっちゃうかも!?

音声やサウンドが大きすぎると、耳が痛くなるなど悪い影響(えいきょう)があります。音の大きさを測って、安全な大きさになっているか確かめます。

音の大きさを検査
検査器具で音の大きさを検査します。
誤って電流が流れないか検査

電池をまちがって入れると発熱して火傷しちゃうかも!?

電池を入れる向きをまちがうと、発熱することもあります。安全のために、電池の向きがちがっていると、電流が流れない仕組みにしています。
さらに、電池のふたはネジ止め式にして、かんたんには開けられないようにしています。これは、小さな子どもが電池を取り出して、口に入れてしまったりすることがないようにするためです。

電池の向きを正しく入れると、電池と金具が接して電流が流れます。
電池の+-を逆にすると、すき間ができて電流が流れなくなります。

まとめ

バンダイのおもちゃは、多くのみなさんに安全に安心して遊んでもらえるように、工夫と努力を重ねています。きびしい検査をくぐりぬけたおもちゃでも、遊ぶときには「警告・注意表示」や「対象年齢」などを守ることが大切です。
おもちゃの安全を通して、日々の生活が安心できるものになるように取り組みを進めています。