出前授業プログラム

安全について学ぶ

バンダイ
おもちゃ安全研究所

おもちゃを通して「ものづくり」の流れや、製品安全についての知識を学習します。
バンダイで行なっているおもちゃの安全への取り組みや、実際に行われている安全検査を紹介し、その一部を体験。安全な製品であることの大切さを考えます。
授業の後半では、ふだん何気なく使っている生活用品を安全性という視点から見直し、危険を予測したり、安全に使うための工夫を学びます。

対象年齢 :
小学5年生以上
対象地域 :
関東近郊(応相談)
実施形態 :
講師が学校に出向いて授業を行います。
所要時間 :
90分間(前半講義、後半ワークショップ)/2時限分

授業の進め方

講師がパワーポイントを使用して授業を進めます。

ほ~つた検査官
バンダイおもちゃ安全研究所「ほ~つた検査官」。

授業内容

1時限目[45分]

児童にオリジナルワークブックを配布し、パワーポイントの投影映像の指示に従って授業を進めます。

ほ~つた検査官
出前授業プログラム「バンダイおもちゃ安全研究所」授業風景
安全と安心

日常生活の中のさまざまな製品が、安全であることをもっとも優先して作られていることを学びます。

教材パワーポイント画面
おもちゃメーカーが考える厳しい安全についての考え方を紹介します。
おもちゃができるまで

「どんなおもちゃを作るか?」というアイデアが、実際に製品になるまでの工程を、一段階ずつ説明します。ひとつのおもちゃに、多くの人が関わっていることを学びます。
おもちゃ作りの中で、安全検査が最も重要であることを紹介します。

教材パワーポイント画面
おもちゃ作りの工程を紹介します。
さまざまなおもちゃの安全検査

おもちゃの安全のために行っているバンダイの取り組みのひとつである、安全検査の実例を紹介します。安全検査の必要性を学びます。

教材パワーポイント画面
どんな検査をしているのか紹介します。
安全検査を体験

実際に使われているおもちゃの検査機器を使って、身の周りにあるさまざまな製品を調べて、危険なところがないか見直してみます。安全と思われる物も使い方によって危険なことや、危険な物も使い方の工夫で安全に使えることを学びます。

出前授業プログラム「バンダイおもちゃ安全研究所」授業風景
貸し出しする検査キットを使って、身の回りの物を検査します。
教材パワーポイント画面
実際におもちゃの安全検査に使われている検査器具(スモールパーツシリンダー)を使います。

2時限目[45分]

バンダイの検査員になりきって、安全検査を体験していきます。

ほ~つた検査官
出前授業プログラム「バンダイおもちゃ安全研究所」授業風景
安全な製品とは?

バンダイが、おもちゃ作りで取り組んでいる「安全・安心な製品を作るために大切な3つの手順」を学びます。

教材パワーポイント画面
危険を避けるための考え方を学びます。
危険を察知して、安全にするワークショップ

身の回りにあるさまざまな製品(文房具や日用品など)を見直して、危険なところはないか調べます。
実際にバンダイのおもちゃの安全検査で使用している検査器具を使い、検査員になりきって厳しい視線で製品を見ていくことで、危険や安全に対する感覚を学んでいきます。
安全と思えるものにも、使い方によって危険が発生することや、危険と思われるものでも工夫の仕方で安全に使えることを学んで、危険を予測する力や安全に使うための注意力を身につけます。

教材パワーポイント画面
危険を知って、安全に使うためのアイデアを出していきます。
出前授業プログラム「バンダイおもちゃ安全研究所」授業風景
検査員になりきって、生活の中の危険を見つけていきます。
授業キット内容
  • ワークブック(教科書として使用)/児童人数分
  • 検査器具(スモールパーツシリンダー)/児童人数分
  • ワークシート/児童人数分
  • アンケート用紙
ワークブック

ワークブック

検査器具(スモールパーツシリンダー)

検査器具(スモールパーツシリンダー)

ワークシート

ワークシート

学校にご準備いただくもの
  • パソコン(パワーポイントが再生できるもの)
  • テレビやプロジェクター
  • 筆記用具(児童が各自用意)