江戸時代から今日まで、

時代を超えたおもちゃが博物館に大集合!!

 

2019年10月12日(土)~11月24日(日)、埼玉県さいたま市の『埼玉県立歴史と民俗の博物館』で、特別展「子ども/おもちゃの博覧会」が開催されます。

 

江戸時代の遊びを描いた浮世絵から、明治・大正時代のブリキ製のおもちゃ、昭和・平成のテレビ番組から誕生したおもちゃ、最新のテクノロジーを使ったおもちゃまで、さまざまなおもちゃが時代を超えて、ずらり大集合!

 

昔の子どもたちは、どんなことを「楽しい! カッコいい!」と思っていたのかな? 時代が変わっても、みんなが楽しいと感じることってなんだろう? おもちゃを通して、歴史や文化の移り変わりを見てみよう。

 

特別展「子ども/おもちゃの博覧会」

埼玉県立歴史と民俗の博物館 埼玉県さいたま市大宮区高鼻町4-219

会期:2019年10月12日(土)~11月24日(日)
開館時間:9:00~16:30(観覧受付は16:00まで)
休館日:月曜日(ただし10月14日、11月4日は開館)

観覧料:一般600円、高校生・学生300円 

※中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方(付添1名含む)は無料。

「子ども/おもちゃの博覧会」パンフレット(PDFファイル)※パンフレットが表示されます。

「子ども/おもちゃの博覧会」で、バンダイの出前授業を行います!

 

●「バンダイ出前授業プログラム おもちゃで学ぼう」

●授業日:11月4日(月・振休)と、11月17日(日)
●時間:10:30~12:00 「オリジナルハンコ作りで、エコを学ぼう」
     13:30~15:00 「ユニバーサルデザインを学ぼう」

 

!参加するためには往復はがきによる申し込みが必要です!

申し込み方法などくわしくはこちら→『歴史と民俗の博物館』展示案内

2019年8月21日(水)、東京都千代田区の科学技術館で、

『学びのフェス 2019 夏』が開催されました。

 

会場にはさまざまな分野の企業や団体の、小学生向け出前授業が大集結 バンダイのブースでは、ワークショップ「おもちゃのエコを学ぼう!~カプセルはんこエコ工作にチャレンジ!~」を行いました。

▲バンダイのエコ活動への取り組みを紹介しました。

ワークショップの前半では、バンダイのおもちゃのエコを楽しく紹介! 

おもちゃに取り入れられているエコな工夫やアイデアを紹介しながら、エコ活動の基本・3R(スリーアール:リデュース/減らす、リユース/再利用、リサイクル/再資源化)について学んでもらいました。

 

また、ガシャポンの空カプセルをリサイクルする工場の様子なども紹介し、環境を守るためにどんなことを行なっているのか知ってもらうことができました。

▲会場のみなさんとバンダイのスタッフが一緒になって、楽しいリユースを体験しました。

ワークショップの後半は、エコ工作で、バンダイならではの楽しいエコを体験

ガシャポンの空カプセルと、墨田区の工場から出た廃材(はいざい:いらなくなった材料)リユース(再利用)してオリジナルのカプセルはんこを作りました。


参加してくれたみなさんの手で、使わなくなった空カプセルや廃材が、次々と楽しくてユニークなカプセルはんこに変身していきました

▲シールの組みあわせでかっこいいマークが完成!

▲はさみでヒゲを作ってネズミができました!

▲元気なカエル君。ひよっとして、けろすけかな!?

参加してくれたみなさん、ありがとうございました

ワークショップで作ったカプセルはんこで、コンテストに応募しよう!

身につく授業とワクワクするコンテストが楽しめる投稿サイト『ワンダースクール』で、 『カプセルはんこ作品コンテスト』応募受付中!!

参加方法など、くわしくはこちら

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ワンダースクール『カプセルはんこ作品コンテスト』

2019年8月7日(水)、8日(木)、東京、霞ヶ関で『こども霞ヶ関見学デー』が開催されました。

▲いらなくなったものをリユース(再利用)するエコ工作にチャレンジ!

『こども霞ヶ関見学デー』は、文部科学省をはじめとした25府省庁等が連携して、省内見学や体験活動などを行うことにより、親子の触れ合いを深め、子供たちが夏休みに広く社会を知る機会とする取り組みです。

 

今回、初めての参加となったバンダイのブースでは、ガシャポンの空カプセルと、墨田区の工場から出た廃材(はいざい:いらなくなった材料)をリユース(再利用)するエコ工作

『カプセルはんこを作ろう!』ワークショップを行いました。

経済産業省で開催しました。

▲はんこの作り方やしくみを説明します。

▲デザインするときのコツをアドバイス。

いつもの授業型のワークショップとはちょっとちがう、自由参加型スタイルで、バンダイの

スタッフと向かい合ってエコ工作に取り組んでもらいました。

▲みなさん、もくもくとはんこ制作中!

▲集中してはんこの図柄を作っていきます。

スタッフがカプセルはんこの基本的な作り方を説明した後は、参加したみなさんそれぞれの

アイデアで、オリジナルデザインのはんこを作っていきます。

丸型や星型のパーツを組み合わせたり、ハサミを使って自由な形を作ったり、

はんこを押した時にどんなふうになるか考えながら、みなさん熱心に取り組んでくれました

 

いらなくなったものを使って楽しいアイデアで変身させるバンダイらしいエコを体験して

もらうことで、毎日の生活の中にエコなアイデアを取り入れるきっかけになってくれたら

うれしいと思っています

 

『カプセルはんこを作ろう!』ワークショップは、2日間で約500人のみなさんに

参加してもらうことができました。ありがとうございました

 

みなさんの応募をまっています! 『カプセルはんこ作品コンテスト』

身につく授業とワクワクするコンテストが楽しめるバンダイ公式投稿サイト

『ワンダースクール』で、 『カプセルはんこ作品コンテスト』を開催しています!

 

参加方法など、くわしくはこちら

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ワンダースクール

『カプセルはんこ作品コンテスト』

 

バンダイのイベントに参加して、カプセルはんこを作ったら、カプセルはんこコンテストに応募しよう!

2019年7月30日(火)~8月1日(木)、東京都大田区 TRC東京流通センターで、夏休みの宿題・自由研究に役立つ体験プログラムがいっぱいの小学生向けイベント『夏休み2019 宿題・自由研究大作戦』が開催されました。

▲おもちゃのエコを楽しく学びます!

バンダイのブースでは、ワークショップ『おもちゃのエコを学んで、カプセルはんこを作ろう!』を行いました!

バンダイがおもちゃをとおして行っているエコな取り組みを紹介しながら、エコ活動の基本・3Rスリーアールリデュース/減らす、リユース/再利用、リサイクル/再資源化について学びます

▲空カプセルや廃材などいらなくなったものを、みんなの手でオリジナルのカプセルはんこに変身させます。

後半は、エコ工作に挑戦! エコ工作は、捨ててしまうものを楽しいアイデアでリユース(再利用)するワークショップ 

ガシャポンの空カプセルと、墨田区の工場から出た廃材(はいざい:いらなくなった材料)を組み合わせて、オリジナルのカプセルはんこを作りました

 

みんなのアイデアが、すてきなカプセルはんこになりました

いらなくなったもの、つかわなくなったものが楽しいアイデアで大変身 リユース(再利用)を実際に体験してもらうことで、みなさんのエコ活動のヒントやきっかけになったらうれしいです

参加してくれたみなさん、ありがとうございました

 

ワークショップで作ったカプセルはんこで、コンテストに応募できます!

身につく授業とワクワクするコンテストが楽しめる投稿サイト『ワンダースクール』で、  『カプセルはんこ作品コンテスト』応募受付中

参加方法など、くわしくはこちら→→ワンダースクール『カプセルはんこ作品コンテスト』

身につく授業とワクワクするコンテストが楽しめる投稿サイト

『ワンダースクール』  カプセルはんこ作品コンテスト

スタートしました

バンダイのイベントや小学校の出前授業で実施するエコ工作ワークショップ「カプセルはんこエコ工作」に参加したら、作品コンテストにチャレンジしてみよう

▲バンダイのワークショップで、カプセルはんこを作ろう!

▲できあがったはんこで、コンテストに参加してみよう!

できあがったカプセルはんこを写真に撮って、ワンダースクール『カプセルはんこ作品コンテスト』のサイトに投稿しちゃおう コンテストには、1人で何作品でも応募できます 


ワークショップのスケジュールはこちらイベントスケジュール

コンテストへの参加方法など、くわしくはこちらワンダースクール『カプセルはんこ作品コンテスト』

 

みなさんのご応募を待っています