こんにちは

かんきょうたいしアシスタントの工藤です

 5月23日に長野県志賀高原にある
「バンダイナムコの森」に参加してきましたー

「バンダイナムコの森」では、
2007年からバンダイナムコホールディングスがグループCSR活動の一環として
「森林(もり)の里親」になって森林の保全活動を行っています。

バンダイだけでなく、おもちゃ以外でもたくさんの
「夢・遊び・感動」を支え合う会社同士の仲間たち
「バンダイナムコグループ」のみんなでがんばりました

まずはバンダイナムコの森の周辺にある
「森林セラピーロード」である琵琶池の周辺をお散歩しました!
森林セラピーロードとは、森林浴をしながら
 こころとからだの健康の癒し効果の研究がされている道のことです。

琵琶池周辺は段差も少なく歩きやすいよう舗装されていて、
こどもからお年寄りの方まで安心して楽しめるようできています     


池を半周したところでゴール
琵琶池を一望できるすてきスポットに到着です


くちぱっちと池のほとりでひとやすみ…
 「とっても癒されただっち!」 


 続いて!バンダイナムコの森で間伐作業のお手伝いをしました! 
 枝が伸びずにこれ以上成長がみられない木は放っておくと、
「成長する他の木々の栄養を奪ってしまう」
「木の中が腐り、倒木の危険がある」等森林や人にとっても良くないことが起こります。 

森林を守る為にあえてそのような木を伐採することを「間伐」と言います!
間伐されることによって、元気な木はすくすくと育ち
人が遊びにきても安全に森林を保つことができます

 さっそく間伐作業のお手伝いをしました

太い木はチェーンソーをつかって…

細い木はノコギリをつかって間伐をしました!  

「みんながんばれだっち!」    

そして!間伐作業を終えて頂上に上った先はきれいな景色が一望できます   


 「みんなで森をきれいにしただっち!」 

バンダイナムコグループのみんなが一丸となって、取り組むことができました!
自然が豊かでとっても気持ちがいいので、
是非機会があったらバンダイナムコの森に遊びにきてみてください!