TOP MESSAGE

川口 勝 夢を送り出す側になると同時に、『自分の夢』も叶えてください!

株式会社バンダイ 代表取締役社長 川口 勝

IP軸戦略を推進しながらビジネスを展開しているバンダイは、お子さまに向けた玩具や、カプセルトイ・カードをはじめ、食品・アパレル・生活用品といった、皆さんが毎日のように目にされる、あらゆる商品・サービスを生み出し、国内外に積極的に展開することによって、会社の成長を遂げています。

さらに、現状に甘んじることなく、事業が成長している現在こそが転換期だと考え、社員が一丸となって、“次のステージのバンダイ”を創り上げようとしています。

今まではIPというと、版権元から商品化権をお借りして事業を行うことが多かったのですが、これからはIP軸戦略強化のために我々が自分たちのIPを創出していくことも重要だと感じ、グループ全体で取り組んでいます。根本であるIPと商品が密接に戦略的に連携を図ることで、商品自体の価値をより高めることができ、さらに魅力的で、皆さまに喜んでいただける商品を展開していけると考えています。

海外展開も、これまでは国内で人気のあるIPを展開することがメインでしたが、今後はそれぞれの国のユーザー目線で、その国に合ったIPの創出も行おうとしています。

バンダイはエンターテインメントの会社ということもあり、明るく、前向きな先輩社員がたくさんいます。社員一人一人が、世界の人たち、子供たちに夢を届けようという熱い気持ちをもって、自ら楽しみながら仕事をしています。

このメッセージを目にしている皆さんにも、夢を送り出す側になってもらって、その上で自分の夢を膨らまし、そして叶えて欲しいと思っています。

福田 祐介

株式会社BANDAI SPIRITS 代表取締役社長 福田 祐介 いろいろなことに興味を持つ、『感性の豊かな仲間』を待っています!

BANDAI SPIRITSは、国内市場の占有率という意味では、プラモデルもハイターゲット向けのフィギュアも圧倒的No.1を誇っています。
海外においても、ガンダム・ドラゴンボール・仮面ライダーなど様々なIPを展開していて、アジアや欧米市場で絶大な評価を得て、今後更なる事業の拡大を確信しております。

特にガンダムは2020年、横浜に実物大の動くガンダムの立像ができ、ガンプラの発売が40周年を迎えます。また、ハリウッドでのガンダム実写映画の製作が決定していたりと、大きなイベントや話題が控えているため、ガンプラ工場とも呼ばれている静岡にあるバンダイホビーセンターの増設などを行い、更なる需要の拡大に備えております。

現在、BANDAI SPIRITSは、「世界一の総合ホビーエンターテインメント企業」をビジョンに掲げて、世界中の人々から“あっ”と言って頂けるような商品・サービスを提供し続ける企業を目指し挑戦しています。
今後の成長戦略としては、国内のみならず海外の事業をどう拡大していくのかが大きな鍵と考えています。

だからと言って、入社される段階で海外の市場や文化を、深く理解している必要はありません。
様々なことに興味を持ち、クリエイティブな面でも、それ以外の、例えば人との関わり方などでも『感性の豊かな方』に、仲間になっていただきたいと思っています。

「自分の持つ夢やアイデアを、強い情熱とこだわりを持って具現化し、世界中のお客様を喜ばせたい。」
そんな熱い魂を持つ仲間をお待ちしています。

※IP:キャラクターなどの知的財産

※IP軸戦略:IPの世界観や特性を活かし、最適なタイミングで最適な商品・サービスを、最適な地域に向けて提供することでIP価値の最大化を図る戦略

CROSS TALK

取締役

バンダイ・BANDAI SPIRITSとは?

no-img2
桃井

今回は学生の皆様に、我々がどんな会社で、どんな社員がそこにいるのか、分かりやすくお伝えできたらと思っています。

no-img2
藤原

そうですね。是非たくさんの学生の方々に知ってもらえると嬉しいですね。

働く環境として会社の魅力は?

no-img2

仕事に非常にやりがいを感じる点だと思います。我々のビジネスは、他社に比べ、国際経済や景気などの外部要因に影響を受けにくい面があり、逆に言うと、自分たちの商品力やプロモーションに全ての責任がかかってきます。
私は他社から転職しているので、他の業種と比較してもこの部分が非常に際立っていると思いますね。

no-img2

BANDAI SPIRITSは、2018年4月に誕生したばかりの会社ということもあり、とても活気がありますね。
お客様のメインがハイターゲットということもあって、年齢層的に社員とお客様の視点が近いので、面白いと思うイベントや、欲しいと思う商品展開を、自分たちがどんどん手を挙げて、さらにそれを実現できる環境があります。

no-img2

BANDAI SPIRITSはお客様の熱量もすごいですよね!商品を購入するために仕事を頑張っているというお客様も多いとか。

no-img2

そうですね。本当にありがたいことです!

no-img2

あとバンダイ・BANDAI SPIRITSではジョブローテーションという制度もありますね。
ものづくりの本質上、様々な制約があるんです……例えば販売価格を抑える必要があるとか、カプセルトイならカプセルの中に入るサイズにしないといけないとか、お客様に安全に扱っていただく基準を遵守するとか…。
この制約を深く理解し、お客様にとって魅力的な商品をつくるためには、ひとつの部門で働くだけでは、なかなか難しいことなんです。
だから、いくつかの部門を経験して、いろんなノウハウを学び、体験できる制度があることで、成長機会はとても多いと思います。

no-img2

グループ間でも、部門間でも、もちろん自分で手を挙げて異動する人も多いので、キャリアプランは描きやすいと言えるんじゃないですかね。
ただ、ジョブローテーションという制度は、広く浅くいろいろなことを経験して欲しいと思っての制度ではなくて、やはりその社員が「やりたいと思っていることの芯」を叶えるために、いろいろな部門を経験することによって、しっかり糧として欲しいと我々は感じています。

no-img2

いいこと言いますね。(笑)
あとね、これは最近の学生さんにはあまりよく思われないかもしれませんが、バンダイって熱い会社なんですよ。たまに鬱陶しいくらい。(笑)

no-img2

こだわりを持って働く人が本当に多いですからね。
商品企画や営業などの、お客様からの反応をダイレクトに感じられる部門はもちろんのこと、普段スポットライトが当たりにくい、例えば設計部門などもそれは感じますね。来年大きなプロジェクトを控えているのですが、商品だけではなく、専門的な技術が問われる側面もあって、非常に熱が入ってますよ。

no-img2

そのプロジェクトが成功したら、またみんな泣くんじゃないですか?
商品が完成した時や、売れた時、イベントの時とかに感動してよく泣いている社員がいますよね。
私、こんなに泣いてる社員を見る会社はじめてですよ。(笑)

no-img2

泣いてばかりみたいじゃないですか!(笑)
まあそれだけ気持ちを込めて届けていますからね。泣いてしまう気持ちもわかります。
でも当然、笑いも多いですよ。

no-img2

確かに笑い声もだけど、オフィスには笑顔が本当に多いですよね。
と、言うかバンダイの社員って、バンダイのことを好きだと公言する人が多いんです。
商品とか、キャラクターが好きだというのは分かりますけど、自社が好きだとはっきり言い切っている人がこんなに多いのは、他社ではなかなか聞かないですよ。入社したとき、ちょっとビックリしました。

no-img2

「面白いものをつくる」のは辛いことも多いですけど、この会社には好きなことを実現する土壌がありますからね。
働いてるうちにキャラクターを好きになって、手掛けた商品を好きになって、会社も好きになる。
これがバンダイとBANDAI SPIRITSで働くことの魅力だと思います。

求める人物像について

求める人物像について

no-img2

『同魂異才』という人材ポリシーがありますよね。

no-img2

中には面接で、魂が同じかどうか見られると勘違いされる学生さんもいると聞きますけど、入社する前に「果たして自分は同じ魂なのか?」みたいに悩んで欲しくはないです。

no-img2

そうですね。あまり難しく捉えられたくないですね。
すごく広義的になるんですけど、「楽しいこと」「面白いこと」をやりたいんだっていう熱量があればいいと思います。

no-img2

何か1つの方向に無理やり向かわせようという話ではないですからね。(笑)
社員の方向性は定めてあげたいけど、なるべく邪魔しないで、自分の裁量でやらせてあげたいというカルチャーを持った会社だと思います。

no-img2

「楽しいこと」「面白いこと」をやりたい。
その熱を、それぞれが育ってきた環境や、培ってきた技術や考え方でカタチにして欲しいという意味ですね。

no-img2

ただ、その「楽しいこと」「面白いこと」をやりたいと思ってることを、きちんと表現できる人ではあって欲しいかな。
藤原さんが求める人物像はありますか?

no-img2

求める人物像ですか……。
個人的にBANDAI SPIRITSには、新しいことを考えたり、創ったりすることが好きな人に来て欲しいです。
一口に「新しいこと」と言っても難しいんですけど、世の中を分かってないと「新しい」かどうかが分からないので、「自分がやったことのないこと」だけじゃなくて、なるべくいろいろなことを見聞きしたうえで、「世間に新しいと思われること」を考えたり、創ったりしたい人を求めます。

no-img2

確かに私も、『創造力は経験値が無いと生まれない』と思っていますので、まず興味を持つ。興味が出たら実際に調べて行動する。そういうことができる人に来て欲しいですね。
あまりにも消極的な人には向いてないかなぁと思ってしまいます。
他はそうですね……グローバルという視点ではどうかな。
グローバルな活躍を希望する学生さんも増えていると聞くけど。

no-img2

世界的にエンターテインメントの重要性は増しているので、商品やイベントを海外に向けて展開する販売会社がある、という意味では、当然海外での活躍の可能性はいくらでもあります。ただ、求める人物像というと、英語ができる、中国語ができるといったことではないですよね。
グローバルにどんな活躍がしたいのかということは、きちんと考えていて欲しいかな。

no-img2

カード事業部のある社員なんかは、幼少期をインドネシアで過ごしていて、イスラム圏の人たちの文化の違いとか考え方を理解できるという素養を、経験則として持っていて。
そういう本質的なグローバル人材は、もちろんどんどん入ってきて欲しいし、活躍の機会も多いと思います。

no-img2

でもそれって、本当に限られた人たちだし、日本で幼少期を過ごした人の方が圧倒的に多いから……それでもグローバルに活躍したいなら、まず物怖じをしないことと、日本の常識と違うことに対して、受け入れることができる人材ですかね。

no-img2

言葉は変だけど、インターナショナル度胸のある人ですよね。どんどんチャレンジしてきて欲しいです!

就職活動中の学生さんに向けてメッセージを頂けますでしょうか?

就職活動中の学生さんに向けてメッセージを頂けますでしょうか?

就職活動中の学生さんに向けて

メッセージを頂けますでしょうか?

no-img2

私たちの世代は、大人になる過程で一度アニメやコミックから卒業し、社会に出たあと、エンターテインメントの仕事を選択し、卒業前の自分を思い出しながらマーケットを作ってきました。
対して、今就職活動をされている学生さんの世代は、生まれてからこれまで、キャラクターや作品が身近にあることが当たり前の状態で育ってきた方々だと思います。
つまり、私たちの世代以上にユーザー視点に近く、マーケットにフィットした方々だと思います。
私たちの世代のやり方に合わせたアピールをするのではなく、自分たちはこうだったんだ!こう変えていきたいんだ!という自分の感じたことを強烈にアピールして欲しいと思っています。

no-img2

一般論でいうと、好き嫌いを前面に出すことはエゴイズムだし良いことではないとされています。
だけど私は、バンダイという会社で好き』というパワーが、他のあらゆる問題を凌駕する瞬間に幾度となく立ち会ってきました。
バンダイで扱っているキャラクターでも、商品でも、サービスでも、少しでも好きだと思っている方と一緒に仕事がしたいと思っています。『好き』だけが原動力でも構わないので、どんどんチャレンジして、私たちにその想いを伝えてくれたら本当にうれしく思います。