海外展開

会社情報一覧
バンダイは、創立からわずか8カ月後の1951年3月には輸出販売を開始、その後も常に海外を視野に入れながら今日まで歩みを続けてきました。日本発のIPを発信するだけでなく、各国のIPの獲得や創出、育成、オリジナル商品の発売、ローカライズなどの商品戦略と、インターネットの活用や、各国の商習慣を踏まえたマーケティング戦略で市場を拡大しています。既成概念にとらわれず、自由な発想でチャレンジし続けることで、今後も世界中のファンとつながっていきます。

欧米地域

ワールドワイドIPの創出・育成・強化
海外でも好評な「Tamagotchi」や、国内発売商品のローカライズのみならず、現地の市場特性を踏まえたオリジナル商品や、現地向けカプセルトイ、「DIGIMON CARD GAME」といったカード商材など、多岐にわたる商品分野の展開を行っています。「DRAGON BALL」、「NARUTO」、「ONE PIECE」などの⽇本発 IPが特に⼈気を集めており、今後はさらに「GUNDAM」、「Tamagotchi」などのバンダイナムコグループIPの展開を推進させます。また、北米地域でのIP軸戦略の加速を目指して組織再編し、(Bandai Namco Toys & Collectibles America Inc.)さらなる市場拡大を目指します。

アジア地域

中国市場本格参入
中国でも長く親しまれているウルトラマンや、国内の人気IPである仮面ライダーやドラえもんなどを展開するだけでなく、地産地消の発想でアジア発のIP創出と併せ、アジア各国の特性に応じたマーケティングを強化しています。またダイナミックな成長と変化を日々遂げている中国市場でのIP軸戦略のさらなる拡大を目指して組織再編し、(Bandai Namco Entertainment (Shanghai) Co., Ltd. )新しいビジネスモデルの構築を目指します。

トイホビー事業
主要グループ会社
(非連結子会社含む)

世界地図
世界地図
世界地図
Asia
Americas
以下の内容については、
バンダイナムコホールディングスの
ホームページをご覧ください