入社から
現在

2012入社

トイ戦略室に配属され、量販店・玩具専門店を巡回し売り場づくりなどを経験

2013

ボーイズトイ事業部へ。
客先との商談・担当カテゴリーの
マーケティングを担当

何が何個売れるのか。
どう売れば最大販売できるのか。

ボーイズ事業部は未就学児から大人まで全男子に向けたカッコいい・面白いを追求している部署です。その中で私が所属しているのは「マーケティングチーム」です。主な業務は担当客先との商談、カテゴリーの需要予測などです。商談では商品の魅力を伝え、導入から販促(売り方)に至るまでの業務をしています。客先に商品を導入するだけでは「営業チーム」になってしまうので、この商品を120%売るためにはどういった販促をすればいいのかといったマーケティングの意識を常に持つことを心掛けています。売場やお客様の声を参考に、計画通りに売れている商品であればさらに伸ばす方法を、また、計画に届かない商品であればテコ入れ案を企画・MD(プロモーション)チームと打合せをし、考えます。自分の考えた需要予測を基に生産を入れ、計数を積み上げるので非常に重要な仕事です。

自分の考えたアイデアが
販売に直結すること
自分の消化予測通りにいったとき

自分の考えたアイデアが
販売に直結すること
自分の消化予測通りにいったとき

担当しているお客様・カテゴリー分析業務において様々な販促アイデアを考え実施します。お客様に対してはボーイズの全カテゴリーを対象に120%売る方法を考えます。店頭での設置物や購買特典などについて、問屋様、販売店様、バンダイの3社で協議し、最も効果が見込める販促案を決定、実施します。販促案に関しては私だけで考えるのではなく、より面白いもの・カッコいいものを目指し、企画の方にも協力して頂きます。それが効果として現れて販売店・事業部の売上アップに貢献できたときには非常にやりがいを感じます。
また、カテゴリー担当としては各商品の年間消化予測を考えます。それがそのまま事業部の売上につながるため予測を誤ると在庫損失・販売ロスに直結するので非常に難しいですが、予測通りにいったときは問屋様、販売店様、バンダイの3社に損が出ずやりがいを感じます。

流通・業界を超えた
No.1企業にしたい

流通・業界を超えた
No.1企業にしたい

まずは玩具業界圧倒的No.1を奪還することが急務ですが、それを維持し業界を超えて圧倒的No.1企業にしたいです。そのためには挑戦できていない業界へのチャレンジや既に開拓している業界でのさらなる深化をしていかないといけません。決して簡単ではないと思いますが、メインキャッチでもある「やりたいことは大きな声で!常に新しいこと・面白いことを考えて自分も楽しむ!」を忘れずにその挑戦に携わり、任せてもらえるように頑張ります!